ニュージーランド・ウェリントンで初海外を経験した

ニュージーランド・ウェリントンで初海外を経験した


高校生で洋楽にはまってから、ずっと行ってみたかった海外の地。

日本を一度出てみたかった。

スポンサーリンク

春休み


大学生になって、初めての春休み。

せっかくの長期休暇やから、遠出しないとね。

バイトしてお金を貯めました。

初めての海外なんで、パスポートも取りに行った。

初めてなんで、取り敢えず、5年間にしておいた。

いきまーす


目的地はニュージーランド@ウェリントン。

ウェリントンはニュージーランドの首都。首都はオークランドじゃないんです。

Barni1 / Pixabay

宿泊先は、友達の家に泊まらせてもらいました。

記憶が曖昧だが、確か、行きはキャセイパシフィックで、関空からシンガポール空港(やったかな?)まで、シンガポール空港(?)でトランジットして(4時間くらい待った)オークランド空港まで。

さらに、オークランドで国内線に乗り継いで、カンタスでウェリントンに辿り着いた。

丸1日くらいの時間がかかった気がする。昔過ぎて覚えていない。

シンガポールでのトランジットでは、ひたすら待つのみだったので、持って行った本を読みながら、カフェで時間をつぶした。

オークランド空港では、国内線の乗り継ぎだったので、勝手がわからず、取り敢えずすぐに空港職員にチケットを見せて、どう行けばいいか聞いた。

なんか、バスでの移動だったのでバス停まで来たが、本当にあってるか不安で、バスの中でも他のお客さんにチケットを見せて確認。

その人が降りるところを知らせてくれたので、バスを降りた。

ウェリントン行きの飛行機の時間も迫る中、何とかギリギリで飛行機に搭乗できた。

乗った時には、殆どの客が乗ってたので、ホントかなりギリギリだったと思う。

後から考えれば、普通に表示を見ながら進めばよかったんですが、、、

なんせ、初めて一人で行く初めての海外旅行だったんで、勝手もよくわからんし、テンパるし、何とか人に聞きもって、やっとの思いでたどり着いた。

本当、優しく教えてくれた人に感謝です。

Holgi / Pixabay

ウェリントン着


ウェリントン空港で、友達のお母さんと友達の友達が向かいに来てくれてて、家まで車で連れて行ってもらったので、楽をさせて頂きました。

社会で習ったニュージーランドは、人よりも牛の数の方が多いってイメージでした。

まぁ、実際は農地に行かなければ、牛もそんな見ることないんですけどね…

海岸線もきれいや、緑も多い、家も家の並びも、イメージしていた「ザ海外」みたいな風景でした。

買い物は、家の近くのスーパーに行きました。

やっぱ、日本と違って、全ての商品一個一個のサイズがでかい。

カートも、日本の一般的なスーパーのカートのでかさではなく、某ホームセンターのカートのでかさだっだ。

ホント、ビッグサイズ!

観光もろもろ


中心街には港があって、その近くにあった博物館に連れて行ってもらった。

ニュージーランドも日本と同じように地震の多い国って初めて知った。

海外の博物館って、その土地のことが勉強になるから、非常に面白い!

victordernitz / Pixabay

ニュージーランドと言えば、ラグビー、オールブラックス。(そういえば、2019年のW杯は日本開催やった気が。)

ラグビー部の友達にオールブラックスのユニホームを買って帰りました。

滞在先の友達とお母さんに、ラグビーの試合に連れて行ってもらった。

中心街のスタジアムで、地元のチームのハリケーンズの試合で、対戦相手は忘れてしまった。

試合が始まる前のフィールドでは、小学生(くらい)の子供たちが、タッチフットをしていた。

試合時間が近づくにつれ席に観客が埋まっていき、選手が「ハカ」を踊ってから、試合が始まった。

生の「ハカ」はホントすごかった。一度は生で見るべき。

試合中の観客の盛り上がりもすごかった。

スポーツをすることは好きだが、これまでスポーツ観戦は殆どしたことなかった。

けど、意外とスポーツ観戦も楽しい。

試合の途中、マスコットと写真を撮ろうとしてた少女がいたけど、もしかしたら写真撮影が禁止されてるからかもしれないけど、マスコットが受けなかった。

それを見ていた観客が、一斉にブーイングをしだしたから、マスコットもやっと写真撮影に応じた。そしたら、観客みんなが一斉に拍手。

そのやりとり見てて、なんか心が浄化されました。

その他は・・・


友達の祖父母の家に連れて行ってもらった。

友達の友達も紹介してもらった。

やっぱ現地の人との交流が、一番勉強になります。

夜には、飼っていたハスキー犬の散歩にも行った。

日本みたいに街灯が少なかったから、夜は真っ暗で、満天の星を見ることができた。

あんな星空は、後にも先にも、この場所だけだった。

滞在先の友達のお父さんが建築系の仕事しているようで、家は改装中(リフォームしてたんかな?)でした。

家の納屋?みたいなところが作業場で、たくさんの木材が置かれていた。

ニュージーランドに行ったのは10年以上前のことやから、最近の日本はDIYが流行ってるけど、やっぱ欧米の方が先進してるんやなぁ。。。

街中で走っている車の半数以上は日本車で、やっぱ日本車は海外でも人気車種のようです。

ちなみに、滞在先の家も日本車(某トップメーカー)のバンでした。

また、向かいの家から車が出て行くところを見たんですが、数人で車を押しながら発進させていた。

現在はどうか知らないが、かなりオンボロの中古車を乗っている人もおるんやなぁ・・・って思った記憶が。

Free-Photos / Pixabay

ついに帰る日です


StockSnap / Pixabay

お母さん、お父さん、友達の妹、友達の友達が空港まで見送りに来てくれた。

残念ながら、友達は学校だった。

風が強い時は飛行機が飛ばないこともあるって言われてたから、ちょっと天候が曇りぎみだったのでビビっていたけど、何とか飛んだ。

帰りの乗り継ぎは、ウェリントン―オークランド―香港(1泊滞在)―日本でした。

ホント何もかも初めての体験だったけど、すっっっごい楽しかった。

一度ふらっと海外に出かけてみては。

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です