タイ・バンコクは初アジア観光旅行でした②

タイ・バンコクは初アジア観光旅行でした②


前回のバンコク①に引き続き、3日目以降をつづる。

スポンサーリンク

3日目の朝


この日はアユタヤ遺跡に行った。

アユタヤ遺跡はVELTRAでツアーを申し込んだ。

いろいろな国での現地ツアーがあるので、アジア以外に行く時でも申し込んでみたい。

バンコク市内のホテルに6時半に集合だった。

そこからバスで移動。

アユタヤ遺跡ツアー


歴代の王が夏を過ごした離宮、バンパイン宮殿。

いろんな国のゲストが泊まりに来ていたらしく、各国をイメージした建物があった。

ツアーに像乗りのオプションをつけた。

近くで増にも触れたので、迷わず触りに行った。

ざらざらした皮膚に、たくさんの毛がはえていた。

仏像が横たわる、ワット・ロカヤスタ。

仏像の裏には建物の跡があり、レンガ造りだった。

建物の前に大きい仏像があり、周りのたくさんの仏像が並んでいる、ワット・ヤイチャイモンコン。

昼ご飯は、ホテルでビュッフェを食べた。

タイ料理もあったが、日本人も食べやすい料理も多かった。

魚が美味しかった。

木の根に埋もれた仏像の顔がある、ワット・マハタート。

出口で、現地の大学生がアンケートをとっていた。

たぶんいろんな国の用紙を用意してたようだが、日本語で話しかけてきたので、律義に対応してしまった。

後で、気を付けた方がよかったかなと思ったが、ちゃんとした学生のアンケート調査だったら、ちゃんと論文に反映させてくれよ。

アユタヤを代表する王室の守護寺院、ワット・プラシーサンペット。

3つの塔が並んでいて、でかい!

各場所、20~30分程度だったが、外が暑すぎたので、ちょうどよかったかもしれない。

遺跡好きの自分にとっては、こんなにたくさんの遺跡が観れて本当に満足。

もうちょっとじっくり観たかった気もするが、最大限の満足。

さすが、世界遺産!

自力で行くのもおもしろいかもしれないが、これはツアーを選んで正解。

帰りは、集合場所のホテルで下車。

チェットロム(Chit Lom)駅から一駅先のサイアム(Siam)駅まで徒歩で移動。

高架橋みたいなところを歩いた。

ナイト・マーケットへ


バンコクのチャオプラヤ川ほとりにあるナイト・マーケット、アジアティーク・リバー・フロント。

BTSスカイトレイン(シーロム線)のサイアム(Siam)駅からサバーンタクシン(Saphan Taksin)駅まで移動した。

2番出口にある船着場から船で移動する。

船着場の左側の奥に無料のシャトルンボートが出ているが、行きは場所がよくわからず、右側の有料のボートに乗ってしまった。

むっちゃ高いわけじゃなかったから、まぁいいかくらいの気持ちだったが、一定人数が集まってからの出発だった。

無料だと思って来た観光客が何人も間違って有料側に来ていた。いや、あれはわかりにくいし説明ないから、みんな間違ってお金払っちゃうよね。

船から、ビルディング街に夕日が沈んでいくところがきれいだった。

リバー・フロントについてすぐに、バンドの生演奏が聴けるヨーロッパ調のレストラン&バーが何店舗かあった。

夕ご飯


屋台が立ち並ぶ一角で食べた。

海鮮のかき揚げみたいなのをチョイス。むっちゃうまい!

魚がまるまる一匹焼いているのがあったが、4、5人くらいで来たら食べたい。

タイに来たら秘かに挑戦したいと思っていたものに遭遇。

虫。サソリ、ゲンゴロウ、カエルも置いていた。

値段を聞いたら、パックに盛って100バーツ。

夜ご飯食べたし、そんなにおなか減っていない。

何バーツまで下げれるか聞いたら、60バーツって言われた。

取り敢えず、保留。

取り敢えず、マーケット内を散策。

1~2畳くらいの大きさの店が多数並んでいた。

値段も安く、お土産の大量買いにはちょうどいい。

ちょうどお腹も減ってきたので、再び屋台街に戻った。

60バーツで虫をちょっとずつミックスしてもらった。

味付けで粉と液体を吹きかけ、さっそく食す。

フツーに食べれる。種類によって多少噛みごたえが異なるくらいかな。

ふりかけられた調味料の味しかしない。

いい経験になった。

今回は、サソリとゲンゴロウは食べれなかったが…

帰りは間違えずに無料のボートに乗れた。

リバー・フロント、むっちゃ満喫できた。

最後の夜は


ルーフトップ・バーに行きたかったが、高級なところが多く、ドレスコードがあったりなかったり…

カジュアルで、サンダルでも入れるらしいルーフトップバーを発見。

Radisson Blu Plaza Bangkokというホテルの30階にある「Brewski」。

タイのシンハービールから、さまざまなクラフトビールが置いている。

ビール好きにはサイコーだと思う。

満足してホテルの帰る。

次の日は早朝に起きて帰る日。

早く寝なければ。

しかし、あまり寝れず、4時ごろには近くの部屋の欧米人がむっちゃ騒ぎながら帰ってきたこえが聞こえてきた。

帰国のハプニング


始発くらいの電車に乗れば、十分間に合う時間だと思っていた。

しかし、空港に着けば、手続きの客が多数いて、チケット発券の手続きにもかなりの時間を要した。

さらに、保安検査場も多数の客がおり、時間がかかった。

さらに、さらに、出国手続きも多数の人が並んでいて、かなりの時間を要した。

出発時間がせまり、かなり焦った。

手続きが終わったら、ゲートまで走ったが、ゲートまでかなりの距離があった。

なんとか、ギリギリ乗れて出発ができた。

いろんな人に申し訳ない。

朝の便に乗る場合は、ホテルのフロントで予めタクシーを呼んでもらって、タクシーで行くのが確実だ。

血迷っても、電車で向かうことはお勧めしない。

最後に


ちょっとしたハプニングもあったが、トータルいい旅になった。

思いの外、バンコクが都市で驚いた。

大阪で言うと、天王寺、難波、梅田みたいな感じかな。

アジアもいいなって思った。

今回は水上マーケットに行けなかったので、次の機会に行ってみたい。

遺跡もいろいろあるみたいなので、他の遺跡にも行ってみたい。

関連記事


スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です