映画「トランスフォーマー」トランスフォームする高級車に乗りたくなる

高級車かロボットか映画「トランスフォーマー」トランスフォームする高級車に乗りたくなる


変形するロボットで有名な玩具・アニメーションなどの実写映画版。

長いシリーズ作品がある。

スポンサーリンク

トランスフォーマー


シャイア・ラブーフが主人公の作品が3作、マーク・ウォールバーグが主人公の作品が2作ある。

サミュエル・ウィトウィッキー:シボレー・カマロの中古を買ってから、戦いに巻き込まれていく。1、2、3作目の主人公。シャイア・ラブーフ。

ミカエラ・ベインズ:サムのクラスメイトで、後に恋人になる。1、2作目のヒロイン。ミーガン・フォックス。

カーリー・スペンサー:サムの恋人。3作目のヒロイン。

ロン・ウィトウィッキー:サムの父親。ケヴィン・ダン。

ジュディ・ウィトウィッキー:サムの母親。ジュリ―・ホワイト。

アーチボルト・ウィトウィッキー:サムの曽曽祖父で探検家。未知の物体(メガトロン)を発見した。

ウィリアム・レノックス:アメリカ陸軍大尉。ジョシュ・デュアメル。

ロバート・エップス:アメリカ空軍軍曹。レノックスの部下。タイリース・ギブソン。

シーモア・シモンズ:トランスフォーマーの存在を調査するセクター7の捜査官。ジョン・タトゥーロ。

ケイド・イェーガー:修理解体工を営む発明家。4、5作目の主人公。マーク・ウォールバーグ。

テッサ・イェーガー:ケイドの娘。二コラ・ベルツ。

シェーン・ダイソン:テッサの恋人で、レスカーのドライバー。ジャック・レイナー。

イザベラ:機械修理に詳しい少女。5作目に出演。イザベラ・モナ―。

エドモンド・バートン:イギリスの貴族で、トランスフォーマーの協力者。アンソニー・ホプキンス。

ヴィヴィアン・ウェンブリー:文学者の大学教授。マーリンの子孫。5作目に出演。ローラ・ハドック。

Nadeem / Pixabay

オプティマス・プライム:オートボットのリーダー。トレイラーに変形。

バンブルビー:オートボットの戦闘員。シボレー・カマロに変形。

メガトロン:ディセプティコンのリーダー。

スタースクリーム:ディセプティコンのナンバー2.ステルス戦闘機に変形。

高級車、バイク、トラック、戦闘機、挙句の果ては恐竜まで出てきて、トランスフォームしてロボット変形するから、そのシーンだけ見ててもおもしろい。

トランスフォーマー Transformers


2007年8月に公開された。

トランスフォーマーとサムが出会い、トランスフォーマーの存在が明らかになる。

トランスフォームの作品を初めて見た時の衝撃はすごかった。

サムの父親と母親がおもしろいキャラクターで笑える。

サムがむっちゃ走るシーンがすごい。

観ていたら、取り敢えず、バンブルビーが欲しいと思った。

Joseph82 / Pixabay

トランスフォーマー/リベンジ Transformers: Revenge of the Fallen


2009年6月に公開された。

サムが大学生になり、新しい生活が始まるが、再びトランスフォーマーの戦いに巻き込まれる。

サムに言い寄ってくる女の子が、トランスフォームするシーンが衝撃的過ぎた。

ここでも、サムがむっちゃ走るシーンがある。

オプティマスがやられてしまうシーンは感傷的気持ちになった。

シモンズのキャラがむっちゃおもしろい。

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン Transformers: Dark of the Moon


2011年7月に公開された。

サムが社会人になり、新しい恋人との関係も観れる。

もともとミーガン・フォックスが続投予定だったが、トラブルでクビになった。個人的にはすごく残念だった。

新しい恋人役が、ジェイソン・ステイサムの恋人だったのでびっくりした。

オートボットが地球を去る時の別れが、この後地球どうなるん!?って思わせてくれた。

メガトロンとの最終対決ですね。

トランスフォーマー/ロストエイジ Transformers: Age of Extinction


2014年8月に公開された。

全3作品とは主人公が変わって、ちょっとまた別の軸のストーリーが始まった。

えっ、シャイア・ラブーフじゃないの!?って思ったけど、まあ、また新しい作品と思えばいい。

おなじみのトランスフォーマー達も出ていたので安心して観れた作品。

トランスフォーマー/最後の騎士王 Transformers: The Last Knight


2017年8月に公開された。

前作の続編だが、トランスフォーマーが地球に来た理由が少しずつ明らかになる。

トランスフォーマーが昔から人類にかかわりを持っていたっていう設定がおもしろかった。

オプティマスが敵になって地球に帰ってきた時はどうなるかと思ったけど、最後はさすがオプティマスっていう戦いぶりだった。

バンブルビーが大人になったって感じがする。

いろんな場所に行ってのシーンが多かったので、スピード感あるストーリー展開だった。

とにかく、映像がすごい!本作は、内容よりも映像を観る作品ですかね。

トランスフォーマーの作品を通してみていると、トランスフォームの表現の技術の進化がすごい。

関連記事


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です