映画「ステップ・アップ」最上級のダンスバトルを観てダンスを始めよう


ダンスがしたくなる映画。自分もダンスができるんじゃないかと勘違いしてしまうダンスムービー。

スポンサーリンク


ステップ・アップ Step Up


2007年3月に公開された。


キャスト


タイラー・ゲイジ:問題ばかり起こす高校生だがダンスの才能がある。チャニング・テイタム。

ノーラ・クラーク:名門校でダンスを専攻している。ジェナ・ディーワン。

マイルズ・ダービー:ノーラの友人で音楽を専攻している。マリオ。

ルーシー・アヴィラ:ノーラの親友で、ダンスを専攻しているが歌が上手い。ドリュー・シドラ。

カミール:里親での家のタイラーの妹。アリソン・ストーナー。


あらすじ


保護観察処分を受けたタイラーは名門校でダンス専攻のノーラと出会う。


見どころ


ダンスを通して、自分の人生を考え、どういう生き方をしていくか考える。

日が沈む中、タイラーとノーラがダンスをしているシーンは美しくて神秘的だった。

バーで、マイルズがDJ、ルーシーが歌を歌ってる前で、タイラーとノーラがセンターで男女に分かれてバトルみたいな感じになっているのが、フリースタイルなのに洗練されたかっこよさがで出ていたダンスシーンだった。

一番の盛り上げてくれる発表会でのダンスパフォーマンスがよかった。実際に自分もその場で鑑賞している気持ちになれた。


ステップ・アップ2:ザ・ストリート Step Up 2: The Streets


2008年に公開で、日本は劇場未公開である。


キャスト


アンディ:ストリートダンス好きの少女。ブリアナ・エヴィガン。

チェイス:ダンス学校のエリートダンサー。ロバート・ホフマン。

ムース:ダンス好きを隠している。アダム・G・セヴァーニ。

ジェニー・キド:日本人ダンサー。甲田真理。


あらすじ


ストリートダンスが好きなアンディはチェイス、ムースらと共にストリートダンスの大会へ出る。


見どころ


いろんなジャンルのダンサーが寄せ集めでチームを結成して、協力していく成り上がり感がかっこいい。

鏡の前で、みんなでダンスを披露しながら楽しく踊っているシーンを観ていたら、つい笑顔になってしまう。

大会のどのチームのダンスもかっこよかったけど、何と言っても雨の中でのパフォーマンスが超絶カッコイイシーンになっていた。あのパフォーマンスの振り付けを考えた人が素晴らしい。


ステップ・アップ3 Step Up 3D


2010年に公開で、日本は劇場未公開である。


キャスト


ルーク:ニューヨークの実力はダンスグループのリーダー。リック・マランブリ。

ムース:ニューヨークの大学に進学する。アダム・G・セヴァーニ。

ナタリー:ルークとムースが出会ったダンサー。シャーニ・ヴィンソン。

カミール:ムースの幼馴染。アリソン・ストーナー。

ジェニー・キド:日本人ダンサー。甲田真理。


あらすじ


ルーク、ナタリー、ムースたちはチームを結成し、ダンスバトルに挑戦する。


見どころ


ルークのダンススタジオの壁にラジカセを大量に重ねているインテリアがおもしろいって思った。あんな部屋が欲しい。

ダンスバトルのロボットダンスの人がむちゃくちゃすごい。あんな動きができるのが信じられない。

カミール役のアリソン・ストーナーが一作目の「ステップ・アップ」のタイラーの里親のところに一緒にいた里子の一人で、タイラーのにダンスを披露していた小さい子って気づいて、一人でテンションあがる。


ステップ・アップ4:レボリューション Step Up Revolution


2012年に公開で、日本は劇場未公開である。


キャスト


ショーン:パフォーマンス集団のリーダー。ライアン・ガスマン。

エミリー・アンダーソン:プロダンサーを目指す。キャサリン・マコーミック。


あらすじ


ダンス映像を投稿しているパフォーマンス集団のショーンとプロダンサーを目指すエミリーたちは、故郷の再開発計画を阻止しようとする。


見どころ


フラッシュ・モブを題材にしているので、観ていて楽しい。

ゲリラでダンスパフォーマンスをして、映像を撮って、その動画をサイトにアップするっているむっちゃ時代にあった構成になってる。


ステップ・アップ5:アルティメット Step Up All In


2014年に公開で、日本は劇場未公開である。


キャスト


ショーン:ダンサーとして成功を夢見る。ライアン・ガスマン。

アンディ:膝を痛めていて、ダンスからは遠ざかっていた。ブリアナ・エヴィガン。

ムース:アンディのダンス仲間。アダム・G・セヴァーニ。

カミール:ムースの幼馴染。アリソン・ストーナー。

ジェニー・キド:日本人ダンサー。甲田真理。


あらすじ


ショーンやアンディたちは、ラスベガスを舞台にしたダンスコンテストに出る。


見どころ


これまでのステップ・アップ・シリーズのダンサーたちが総出演かってくらい出てくるオールスターみたいな作品。

やっぱ、ロボットの動きをできるダンサーは何度見てもすごい。

みんなでダンスを練習しているシーンが、真剣だけど楽しそうな姿でかっこいい。一つの目標を定めて、みんなで意見を出し合いながらまとめていく工程がいい。

ダンスバトルのシーンはむっちゃ迫力があって力強い感じがかっこいい。


最後に


日本人ダンサーも出てくるので、ハリウッドで活躍してすげーって思う。

最近は、高校でもダンスブームだが、10年も前からこんなダンスムービーがあるんだって、みんなに知ってほしい。殆ど日本では劇場未公開なので残念だ。今なら、絶対劇場公開されいた作品だと思う。

みんな体の動かし方が、ホントすごくて(表現が陳腐だけど)、あんなに体を動かせてダンスができたらカッコイイだろうなって思う。今からトライするのもアリやな。

TheDigitalArtist / Pixabay

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です