映画「キャプテン・マーベル」史上最強のヒーロー

映画「キャプテン・マーベル」史上最強のヒーロー


アベンジャーズ・エンドゲームにに続く前作品として公開された映画で、早速映画館に行ってきた。

スポンサーリンク


キャプテン・マーベル Captain Marvel


2019年3月に公開された。

アベンジャーズ計画が策定される前段階となるストーリーで、初期のS.H.I.E.L.Dの活動とキャプテン・マーベルというヒーローの活躍が描かれている。

  • キャロル・ダンバース:キャプテン・マーベル。元アメリカ空軍の女性パイロットで、クリー人の特殊部隊に所属する。昔の記憶がない。ブリー・ラーソン。
  • ニック・フューリー:S.H.I.E.L.D.のエージェント。キャプテン・マーベルに協力する。サミュエル・L・ジャクソン。
  • タロス:変身能力を持つスクラル人。ベン・メンデルソーン。
  • ヨン・ロッグ:クリー人の特殊部隊のリーダー。ジュード・ロウ。
  • マリア・ランボー:キャロルの旧友で、空軍の元パイロット。アキラ・アクバル。
  • ウェンディ・ローソン博士:アメリカ空軍に所属していたクリー人マー・ベル。
  • フィル・コールソン:S.H.I.E.L.D.の新米エージェント。クラーク・グレッグ。
  • グース:猫の姿をしているが、フラーケンと呼ばれる危険な生物。

キャプテン・マーベルの名前は聞いたことがあったが、内容は全然知らなかった。

なので、知らないヒーローの話だったけど、アベンジャーズ・シリーズにつながっているストーリーだったので、身近に感じれるストーリーだった。

ストーリーが進むにつれて、ちょっとずつ明らかになる事実と、どんでん返しの連続で、最後まで面白く観れた。

アベンジャーズ・エンドゲームに続く映像もあったので、最後の最後までお腹いっぱいになれた。

自分に与えられた使命を理解し、悩みながらも、仲間と共に前に進んで行ける姿がいいヒーロー像だった。

女性ヒーローは、男性ヒーローとは違ったカッコ良さがある。

geralt / Pixabay

猫のグースの活躍が面白かった。エンディング後の映像もおもしろかった。映画館内は失笑だった。

ニックが片目を怪我した原因が描かれている前情報があったけど、まさかの事実で笑ってしまった。

公開初日だったので、楽しみにしていたが、まさかの冒頭5分を見逃すという失態。ショックすぎた。もっかい観に行こうかと思ってる。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です