突然ですが、就職ができまして

突然ですが、就職ができまして


2018年12月に仕事を辞めた(正しくはきられた)。

lechenie-narkomanii / Pixabay

ネガティブな気持ちになって引きこもっても意味がないので、ずっと趣味でしていたコトを思いっきりすることで他人に自分の知識・技術を与えて、仕事がホントにしたいことなのか考える時間が得られた。

その間は、就職活動もしないといけないから、募集が出てたら応募して、落ちて、応募しての繰り返し。これは、2018年12月以前も同じ工程なので、それほど苦ではなかった。でも、面接にもたどりつかないので、何が原因で落とされるかが全く分からないので、次にも生かせない。それを5年くらい15件くらい続くと、さすがにどうにもならないのかなと思い始める。

ちなみに、一般企業とは全く異なる業界なので、一般的な就活の常識が通用しないと思う。そこがまた難しい。

実力がなくても、業績がなくても就職できてる人もいれば、実力があっても、業績があってもなかなか就職できない人もたくさん見てきた。

身分がバレるのは嫌なので、あまり詳細には言わないが。

rawpixel / Pixabay

そんなこんなで、なかなかどこにも引っかからず、時間は過ぎた。

加えて、その間に、必要ない身の回りの物を売って整理したり、ブログを立ち上げてみたりした。ずっとやろうと思っていた野菜作りもできたし、これまでやってたアクアリウムも、水耕栽培もトライしてみた。 自分で調べたり、考えたりしながら、新しいことをしてみるのはおもしろかった。

Pexels / Pixabay

また、1年以上も続いていた胃の痛みが、仕事を辞めてから2カ月くらいでほぼ痛みを感じなかったので、ストレスだったんだと再認識。まぁ、明らかストレスやったのはわかっていたけど。

夏になって、突如、期限付きだけど採用してくれるところが見つかった。

zaenuddinahmad67 / Pixabay

これまでと全く分野が違ったし、行ったことなかった土地で、地元からもかなり遠い(車で行き帰りできない)場所だったので、かなり迷った。

でも、幸い(?)そんな長期間じゃないし、給料ももらえるし(そろそろ生活が厳しくなってたので)、勤務時間外であれば自分の分野のことをしていいと言われたので、じゃあ、出稼ぎくらいの気持ちで、かつ自分のこともできるならちょっとでもデータを作れると思ったので行くことにした。

PublicDomainPictures / Pixabay

唯一、自分の趣味でやっていたコトができる回数がむっちゃ減るのは、かなり悩んだけど、先ずは稼がねばいかない。

Maklay62 / Pixabay

7月に面接、8月に引っ越し、9月から本格的に仕事となったので、それに伴いブログの記事がグッと減った。それはそれでしょうがない。

Skitterphoto / Pixabay

全く違う分野だったけど、これまで新しいこと覚えたりするのはおもしろいと思える性格だったので、何とかなるかなと思いながら、新しい土地に身を置くことになった。

それから、7カ月経った現在、思っていたことと違うことも多く、思っていたよりもめんどくさいことも多く、以前仕事していた時とは違うストレスを抱えている。

もちろん、楽しんでいることもあるし、以前よりも仕事上で追い詰められた生活じゃなくなったのは良かったけど。

以前の仕事では、追い詰められながら仕事をしいていて、データも出しているけどボスからは全く評価されなくて、やる気のない・仕事を嫌ってる人間だと思われていた。

けど、仕事内容はおもしろかったし、新しい知識を得れるのも楽しかったし、自分で考えながら進めることができていたので、それはそれで充実していて。

rawpixel / Pixabay

人間関係は終わっていたけど、自分の仕事に誇りを持っていた。

今は・・・

思うことはいろいろあるが、取り敢えずは自分の将来に繋がることで自分ができることをコツコツするしかない。自分のモチベ―ジョンが持続するまでは。。。

StockSnap / Pixabay

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です