「APEMAN小型プロジェクター」新調したプロジェクターで家を映画館にする

「APEMAN小型プロジェクター」新調したプロジェクターで家を映画館にする


以前に購入した「FUNAVO」の小型プロジェクターに問題が生じたので、新たにプロジェクターを購入することにした。

スポンサーリンク


「FUNAVO」の小型プロジェクター


残念ながら、1年経たずして投影中にいきなり電源が落ちる症状が出て、かつ改善しなかったので、購入したところに連絡した。

保証期間内だったが、代替品がなかったらしく、返金となった。使えなくなったのは残念だったけど、返金の対応になったのでよかった。


APEMAN小型プロジェクター


新しいプロジェクターを購入しようと、いくつかを比較していたら、APEMANっていうメーカーのプロジェクターを発見したので、それを購入してみることにした。

電源を入れたら、どんな映像にするか選択し、出力端子を選択する。前回と同じHDMI端子で出力する。

前のプロジェクターが2400ルーメンだった明るさが、今回選んだプロジェクターは4000ルーメン。以前よりも明るく、キレイな映りになった気がした。快適に大画面で映画を鑑賞できる。ライブ映像やと迫力があるやろーなぁ…。

「ZealSound Bluetoothスピーカー」を使って、DVDデッキからつないで、映画・ドラマを鑑賞ができる。

テレビがなくても、最近はネットでの見逃し配信で観たいドラマは観れるし、YouTubeも楽しめるコンテンツががいっぱいある。さらにテレビ離れが進みそう…

前回購入したプロジェクターは4000円くらいで購入したが、今回購入した「APEMAN小型プロジェクター」は値引きされて5500円くらいで購入。12カ月の保証が入っているので、この値段で1年半くらいは使えたらいいかなって思ってます。

ネットでの動画鑑賞、DVD・ブルーレイでの映画・ドラマ鑑賞が好きな人は、家を映画館にできる小型プロジェクターがあると、家での楽しみ方が変わる。

スピーカーを使い倒したら、次は「Bose」のスピーカーにして、迫力ある映像にプラスしていい音を楽しもうかな。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です