「BLENCKスマートウォッチ」運動を記録して健康を管理する時計


私はあまり睡眠の質が良くないので、数年、枕の横にスマホを置くだけで睡眠がモニターできるアプリをダウンロードして、浅い眠りと深い眠りを測定していた。あまりにも浅い眠りすぎるので、ちゃんと測定できているか不安だった。

iPhoneのApple Watchが発売されて、ずーっと気にはなっていたけど、いきなり数万円もする時計の購入を即決できず。でも、スマートウォッチを体感したい。なので、先ずは安価な商品でその使い心地を体感してみようと、どれを買うか探し始める。

スポンサーリンク


BLENCKスマートウォッチ


時計は大きめの文字盤のデザインが好きだけど、いろいろな商品を見ている中で、いろいろな機能が付いていて値段の手ごろな、スマートなサイズのものでもいいかと思って、割引になっていた「BLENCK」っていうスマートウォッチに決めた。

時間はもちろん、心拍計、歩数計、消費カロリー、着信通知、睡眠モニター、IP68の防水などの機能がついて3,185円で購入。

専用のアプリをダウンロードして、簡単にスマートウォッチと同期することができる。

自分が同期したい機能を選ぶことができる。


歩数計


今やスマホにもついている機能なので、それほど驚かない。スマホの機能とほぼ変わらない。

運動測定機能を使えば、どれくらい歩いたか・走ったか、その時の消費カロリーも確認できる。グラフで確認できるのでおもしろい。


着信通知


一番よかったって思う機能は、着信通知。普段、電話がかかってきてもほとんど気付かないので、仕事上でかかってくる時に困ることが多かった。でも、スマートウォッチと同期すれば、スマートウォッチがバイブレーションで教えてくれるので、まず気付かないということがなくなった。

初めて機能を体感したときは、手首にバイブレーションを感じて、何が起こったんのかわからなくてむちゃくちゃびっくりした。


心拍計


心拍数を測定するのは初めてで、自分が普段どれくらいの心拍数で過ごしていたのかわかった。さらに、どういう行動で心拍数が上がるのかを知ることができ、意外な日常生活の行動で心拍数が上がるのか知って、おもしろかった。睡眠中は、日中より心拍数が下がることも知れて、ちょっと感動。


睡眠モニター


一番気になっていた項目の睡眠ですが、やっぱりアプリで測定していた時と同じく、ほぼ浅い眠りしかできていなかったことが判明。同時に、枕横にスマホおいて測定する睡眠アプリもそれなりに測定できていることが判明。


最後に


安価なのに思った以上の高機能で、スマートウォッチの良さを体感できました。

スポーツを頻繁にする人なら、かなりの自分の体の情報を知れて、それに応じた運動を組み立てることができるツールだと思う。健康が気になる人も、先ずは自分の体の情報を得るための便利なツールだと思う。

本気で、Apple Watchを購入することを検討している現在です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です