映画「見えない目撃者」韓国映画のリメイク作品


中国版の予告を観た時におもしろそうと思って調べたら、元々は韓国映画のリメイクで韓国版もあり、さらに日本版もあって、吉岡里帆が主演だったので、興味を持った。先ずは日本版を観てみた。

スポンサーリンク


見えない目撃者


2019年に公開された。


キャスト


浜中なつめ:事故で目が見えなくなった元警察官。吉岡里帆。

国崎春馬:事件を目撃したスケボー少年。高杉真宙。

吉野直樹:警視庁の刑事。大倉孝二。

日下部翔:所轄の警察官。浅香航大。

木村友一:警視庁の刑事。田口トモロヲ。

浜中満代:なつめの母親。松田美由紀。


あらすじ


事故で目が見えなくなった元警察官のなつめは、ある日誘拐事件の目撃者となる。同じ目撃者のスケボー少年春馬と一緒に事件を追う。


見どころ


吉岡里帆のイメージが変わるような映画だった。あまりサスペンスの演技のイメージがなかったので、こういう役も全然ありだなって思うような演技だった。

地下鉄でなつめが犯人に追いかけられるシーンは、どうなるのか息をのむシーンやった。

犯人が追い詰められている時に、犯人の表情があまりにも無表情で怖かったけど、演技もものすごくよかった。

なつめが目が見えないが空間を感じる時の映像表現がよかった。あぁ、そういう表現の仕方があるんかって自分が思い浮かばない表現だったので、勉強になった。


最後に


サスペンス系はどちらかと言えば苦手な方だけど、そこまで怖い印象がなくてよかった。昼間に観たのがよかったのかも。

元の韓国映画、中国でリメイクされた作品、全部見比べてみたい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です