「2時間でおさらいできる日本史・世界史」2時間だけ歴史を学ぶ

「2時間でおさらいできる日本史・世界史」2時間だけ歴史を学ぶ


アメリカ行きの飛行機に乗る直前に入った本屋にて。

そこで手に取ったのが、歴史の勉強ができる本。

長時間のフライトで読めるし勉強もできるし。

スポンサーリンク

「2時間でおさらいできる日本史」 石黒拡親 著


日本史は高校で選択しなかったので、中学レベルで情報が止まってしまっていた。

高校の資料集は見たことあったので、全く知らないことはなかったが・・・

時代毎で章分けされていて、各章の初めに、1分ほどで読める要旨があるのでわかりやすい。

南北朝~室町時代、戦国・安土桃山時代、江戸時代が懐かしく楽しめて読めた。

NHKの大河ドラマでもよくクローズアップされる時代なので、親しみ持てる。

Samueles / Pixabay

「2時間でおさらいできる世界史」 祝田秀全 著


高校で世界史を選択したので、全く知識がなかったわけではないが、たくさん忘れていたことも。

各地域の歴史が、それぞれ章にまとめられている。

古代文明とオリエントの統一、ヨーロッパ世界の成立と隋・唐帝国、イスラーム帝国の出現と発展、十字軍派遣運動とモンゴル帝国の時代、グローバリゼーションと主権国家の形成、戦後世界から21世紀の時代へ、がおもしろかった。

ほとんどだ。。。

marcosantiago / Pixabay

やっぱ、個人的には、日本史よりも世界史の方が好きかも。

かといて、カタカナを覚えるのが得意というわけではなく。

特に、漢字を覚えるのも得意ではなく。

歴史を知る


日本人なら日本の歴史は何となく覚えるが、それを踏まえて、日本と世界の歴史の違いを知ることができる。

発展のし方、その時代の日本と世界の国の文明の進み方の違いを知れるのも歴史のおもしろいところだ。

時代別で詳細な内容も記載されていた。

思い出しながら読めた内容もあり。

新しく知る内容もあり。

年代を覚えるのが少々苦手だった。

受験のためじゃなく、知識として歴史を知れるくらいの程度なら、興味を持って読める。

関税がかかったから、あとから予め買って持っていけばよかったと少し後悔。。。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です