加藤ミリヤの好きなサンプリング5曲


加藤ミリヤと言えば「サンプリング」。原曲をアレンジして、違う曲にする技術。

加藤ミリヤを聴いていて、サンプリングって技術を初めて知った。どの曲もリスペクトが感じられる。

原曲が当時のヒット曲で、どれもいい曲ばかりなので、懐かしさを思い出させてくれる。

これまでの発表曲の内、好きなサンプリング5曲を紹介します。

スポンサーリンク


19 Memories


収録アルバム:TOKYO STAR (2008)

原曲:安室奈美恵「SWEET 19 BLUES」

20代以下は、安室奈美恵より加藤ミリヤの19 Memoriesの方を先に知っている割合の方が多いのかな。

安室奈美恵のSWEET 19 BLUESもむっちゃ好きな曲で、ティーンエイジャーの気持ちをよく表現できている。サンプリングに成功した代表曲だと思う。


ジョウネツ


収録アルバム:Rose (2005)

原曲:UA「情熱」

UAへのリスペクトを感じる曲。10代でこのサンプリング技術はヤバイの一言。


ディアロンリーガール


収録アルバム:Rose (2005)

原曲:マーヴィン・ゲイ「Sexual Healing」、佐藤由梨「ロンリー・ガール」、EDC「EDCのロンリーガール feat. K DUB SHINE」

思春期の繊細な気持ちを表現している。

さらにこの曲をサンプリングした「新約ディアロンリーガール feat. ECD」も別のカッコイイ曲に仕上がっている。


今夜はブギー・バック


収録アルバム:TRUE LOVERS (2012)

原曲:スチャダラパー、小沢健二「今夜はブギー・バック」

これはカバー曲なのかサンプリング曲に分類されるのかは微妙だが、加藤ミリヤの曲やなって思えるくらい、加藤ミリヤ感が出ている。


X.O.X.O.


収録アルバム:HEAVEN (2010)

原曲:スピッツ「ロビンソン」

90年代のJ-Popが、R&B、ヒップホップのテイストが入った2000年代のJ-Popになっている。

スピッツ「ロビンソン」って全く気付かなくて、全く違う雰囲気の曲になってるからおもしろい。

自分だと他人の曲をもらっても原曲の良さを生かして、ちゃんと自分の曲にするなんてできない。原曲を見事に違う曲にサンプリングし、かつリスペクトを感じさせるって、ちゃんと曲を解釈できているんだなって思う。

90年代の曲はいい曲ばっかなので、それを知らない世代にも原曲を知ってもらえるように、これからもサンプリングを作ってほしい。


関連記事


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です