映画「トランスポーター」本格的なアクションとカーアクションがすごい

映画「トランスポーター」本格的なアクションとカーアクションがすごい


ジェイソン・ステイサムの出演作品といえば、一番に思い浮かぶ作品はコレしかない!

最強のアクション俳優のうちの一人。

スポンサーリンク

トランスポーター


元軍人のプロの運び屋のストーリー。

タイトル通り、カーアクションの映画だが、ちゃんとアクションもある。

フランク・マーティン:元軍人の運び屋。運転技術、武器の扱い、戦闘のプロフェッショナル。ジェイソン・ステイサム。

タルコニー警部:フランクの知人で、警察官。フランソワ・ベルレアン。

①契約厳守、②依頼者の名前は聞かない、③依頼品は開けない、という3つのルールの基に運び屋の仕事をしている。

トランスポーター The Transporter


2003年10月に公開された。

フランクの車:BMW735i

依頼品は見ないというルールを自ら破ってしまったため、事件に巻き込まれる。

ライ・クワイ:フランクが依頼された仕事の依頼品の袋に入っていた。スー・チー。

ウォール・ストリート:フランクに荷物を運ぶ仕事を依頼した。マット・シュワルツ。

ミスター・クワイ:ライの父親で、人身売買している犯罪組織のボス。リック・ヤン。

ストーリーのしょっぱなから、カーアクションが見れるから観ていて楽しい。

油まみれで戦闘するシーンがこれまでにアクションで観たことないシーンで斬新すぎて面白かった。

トランスポーター2 The Transporter 2


2006年6月に公開された。

フランクの車:Audi A8

運び屋を辞めるつもりで、ジャックの通学の送迎をしていたら、テロリストにジャックを人質にとられて事件に巻き込まれる。

ジャック・ビリングス:フランクが通学の送迎をしている子供。ハンター・クラリー。

オードリー・ビリングス:ジャックの母親。アンバー・ヴァレッタ。

ジェファーソン・ビリングス:ジャックの父親で、連邦麻薬対策委員長。マシュー・モディーン。

ジャンニ:麻薬カルテルから仕事を依頼された国際テロリスト集団のボス。

ローラ:ジャンニの部下で、国際テロリスト集団の一人。

イントロからしっかりとしたアクションが始まるから面白すぎる。

テロリストのボスが出てくる時のシーンが剣道ってのがいい。

実際の剣道の太刀とは違っている気がするが…外国人の剣道のイメージな気がする。

テロリスト殺し屋の女のキレッキレすぎる殺し屋っぷりがすごすぎる。

タルコニー警部のキャラが良すぎる。

ユーモアもしっかり持っていて、ちゃんと仕事もしてくれるキャラ設定は結構好き。

前作よりも車に搭載されてる機能がすごくなっているから、そういう細かいところも見どころだ。

トランスポーター3 アンリミテッド The Transporter 3


2009年8月に公開された。

フランクの家に1台の車が突っ込んできて、運転手はフランクの運び屋仲間で、重傷を負っていたことから、事件に巻き込まれる。

バレンティーナ:フランクの仕事仲間の車に同乗していた正体不明の女性。ナタリア・ルダコーワ。

ジョンソン:元軍人のボディーガード。ロバート・ネッパー。

レオニード・ヴァシーレブ:ウクライナの環境大臣。

前2作よりもアクションがさらにパワーアップしていて、すっごい見ごたえがあった。

今回は終わり方がハッピーエンドだったので、すっきりした気分になれた。

始まりと終わりのシーンがかぶせてあって、構成がよかった。

とにかく、ジェイソン・ステイサムのアクションとカーアクションがおもしろすぎる。

大画面テレビか、ホームシアターが欲しくなる。

最初から最後まで飽きずに観れる作品。

ジェイソン・ステイサムがイケメンすぎる。

そんな映画。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です