Hoobastank(フーバスタンク)カッコ良くて力強いサウンドのロック

Hoobastank(フーバスタンク)カッコ良くて力強いサウンドのロック


洋楽にハマり始めた頃、自分の中でのバンドブームがあった時期によく聴いたいたバンドの一つ。安定感のあるサウンドとカッコイイ歌声がいい。

スポンサーリンク


Hoobastank


アメリカン・ロサンゼルス州出身のバンド。

Douglas Robb:ボーカル

Daniel Estrin:ギター

Chris Hesse:ドラムス

Jesse Charland:ベース

ボーカルのDouglas Robbは母親が日本人。以前、サマーソニックのライブで、舞台そばに母親がいて、観客全員で「おかーさーん」って呼んで、母親が観客に手を振ってくれたのを覚えている。


Hoobastank (2001)


メジャーになってからのファーストアルバム。好きな曲は、

  • Crawling In The Dark:サウンドがかっこいい。
  • Running Away:ちょっと哀しげなサウンドがいい。

The Reason (2003)


Hoobastankを知るきっかけになったアルバム。好きな曲は、

  • Same Direction:Hoobastankの典型的なロックナンバー。突き抜ける爽快なサウンド。ミュージックビデオのストーリーがThe Reasonの続きになっているのがおもしろい。Linkin Parkのチェスターもでている
  • Out Of Control:イントロのギターがカッコイイ。ライブで流れたらテンションが上がる曲。
  • Just One:ドラムが印象的なロックサウンド。
  • The Reason:Hoobastankの曲の中で一番好き。歌詞もむっちゃ好き。バラード。ミュージックビデオがSame Directionの前ストーリーになっている。

Every Man For Himself (2006)


前作から3年ぶりのアルバム。ジャケットがかっこいい。好きな曲は、

  • Born To Lead:イントロが軍隊っぽい感じでおもしろい。
  • Moving Forward:イントロのサウンドを聴いてると不思議な感覚になる。
  • Inside Of You:Hoobastankらしいカッコイイロックサウンド。
  • If I Were You:聴いていると落ち着けるバラード。

For(N)ever (2009)


前作から3年ぶりのアルバム。ジャケットに3人しか

  • My Turn:Hoobastankらしいスピード感あるカッコイイサウンド。
  • I Don’t Think I Love You:イントロのシリアスなサウンドがカッコイイ。
  • You Need To Be Here:イントロのサウンドが好き。
  • Stay With Me:イントロのピアノとシリアスな雰囲気が好き。

Is This The Day? (2010)


これまでの楽曲のアコースティック・バージョン。好きな曲は、

  • Just One:原曲のはじける感じをベースに落ち着いた雰囲気にも仕上がっている。
  • Crawling In The Dark:原曲よりもゆったりしたサウンドになっている。
  • Inside Of You:イントロのギターのカッティングがカッコイイ。
  • The Reason:原曲のよい雰囲気をそのままにして、さらに聴き心地ちのよさがアップしている。
  • If I Were You:大人のロックなサウンドになっている。
  • Same Direction:原曲とはまた違った雰囲気に仕上がっている。こんなアレンジになるんかって思っておもしろい。

Hoobastankはいい意味で変わらないサウンドなのが、いい。自分たちの音楽を貫いてる感じでかっこいい。このままHoobastankらしいロックをやってほしい。アルバムのジャケットも毎回テイストが違っておもしろい。

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*