韓国ドラマ「明日、キミと」未来にタイムトラベルして現在をどう選択するか

韓国ドラマ「明日、キミと」未来にタイムトラベルして現在をどう選択するか


あらすじを見たら、ちょっとおもしろそうだったので観てみたら、むっちゃハマった。

スポンサーリンク


明日、キミと


  • ユ・ソジュン:タイムトラベラーで投資会社の社長。イ・ジェフン。
  • ソン・マリン:国民的な元有名子役でカメラマンを目指している。シン・ミナ。
  • カン・ギドゥン:ソジュンの親友で会社の企画チーム長。カン・ギドゥン。
  • ドゥシク:タイムトラベラーでソジュンに能力の使い方を教える。チョ・ハンチョル。
  • シン・セヨン:ソジュンとギドゥンの幼馴染で、民間奉仕団体で働いている。パク・ジュヒ。
  • シン・ソンギュ:セヨンの父親で、民間奉仕団体の代表。
  • キム・ヨンジン:ソジュンの会社の常務。ペク・ヒョンジン。
  • オ・ソリ:マリンの親友でピアノ教室を経営。イ・ボンリョン。
  • イ・ゴンシク:ヨンジンの妻で、マリンとソリの高校の同級生。キム・イェウォン。

タイムトラベルできる能力を持つソジュンは、未来で同じ日に死ぬマリンを交通事故から助けたことで。

色あせてる映像がいい。こういうテイストの色してる映像のドラマ、映画はケッコー好き。

初回からもったいぶらずに徐々に謎が明かされていくのがおもしろい。ソジュンが何の未来を変えて現実の何が変わってきてるのか、なぜ悪い出来事が起こってしまうのか、ちょっとよくわからなくなるときがあった。最後まで観たら全部スッキリするかな。

BGMで流れてるピアノの曲が好き。複数曲ある気がするけど、どれもいい。

マリンの勘違いが激しすぎる行動とか発言がおもしろいけど、ときどきむっちゃカンが働くところのギャップが余計おもしろい。キャラクター設定がおもしろい。

マリンが倒れて入院中に、ソジュンが両親の話を打ち明けた時は感動回やった。

ソジュンが地下鉄に乗ってタイムトラベルする時に、いきなり消えたり現れたりするのに、周りの誰も気づかないのが、ただの設定なのか、他人に関心を示さないこの現代を表現してるのか。

ソジュンとマリンのバカップルぶりがおもしろい。ソジュンの冷たい雰囲気と、超ベタベタしてる時のギャップがおもしろい。

最後数話の展開が一気に加速するし、ややこしすぎて、目が離せなかった。つまり、おもしろかったってこと。

ヨンジンの考え方が自分本位過ぎてヤバいし、しかも自分を正当化して他人を攻撃するっていう一番あかんやつやん。叫び方もだいぶヤバい。

マリンの写真の初めての個展で、照明の明るさをはかっていて、個展で照明の強さも調整してるにやって初めて知った。おもしろい情報を得た。全部モノクロ写真やったけど、やっぱモノクロはかっこいい。

2022年のスマホがスケルトンってとこがかっこいい。実現したら面白いのに。

マリンが、失踪したソジュン宛に、送信日を未来に設定して、いろいろな日にメールを送り続け、未来で目覚めたソジュンがマリンのいない未来でメールを受け取るっていうストーリー構成がよかった。さらに、過去のソジュンが表れそうな場所に行ったり、過去のソジュンを見たりするっていうストーリーがいい。

ソジュンはなぜか過去に戻れなくなり、それでも戻るために地下鉄の線路をダッシュするシーンはかっこよかった。ソジュンが未来から戻ってこれて、マリンと再会した瞬間は感動シーンやった。さらに、事故の当日に、ソジュン、マリン、ドゥシクがどうなるんやろって気になるような構成がすごい。

最後に、まさかのドゥシクがタイムトラベルの能力を持ったいきさつ、ソジュン、マリン、ドゥシクが地下鉄事故とどう関わってるかが、全部わかる。

最終話の最後に「長い間今日のことを苦しむだろう。それでも僕たちはまた忘れる。毎日がどれほど大切だったかを」ってソジュンのセリフが、1話から観てたらその言葉の重みがわかる。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です