Chris Brown(クリス・ブラウン)2000年代を代表する最強のアーティスト

Chris Brown(クリス・ブラウン)2000年代を代表する最強のアーティスト


アメリカの音楽シーンを語るうえで、絶対に外せないアーティスト。

出てきた時は、“次のマイケル・ジャクソン”と言われた。

スポンサーリンク

Chris Brown


現在では、“次のマイケル・ジャクソン”ではなく、クリス・ブラウンというアーティストとして独り立ちしている。

が、様々なトラブルを起こす、お騒がせアーティストとしての一面も持っている。

このまま、音楽に集中して、いい楽曲を生み出し続けてくれることを願うばかりだ。

クリス・ブラウンは音楽だけでなく、ミュージックビデオも毎回楽しませてくれる。

ダンスパフォーマンスがすごすぎるので、それも要チェックや。

Chris Beown (2005)


デビューアルバム。まだまだ、あどけなさが残る歌声。

好きな曲は、

●Yo (Excuse Me Miss):ダンスでアピールしながら女の子を誘っているミュージックビデオがおもしろい。

●Young Love:若者のラブソング。

●Is This Love?:ティーンエイジャーでこんだけラブソングを耐えるって素晴らしい。

●Say Goodbye:若くしてこんな別れの曲を歌えるのがすごい。

●Thank You:サビの“I Just Wanna Thank You”ってところが好き。こんな感じで感謝されると気持ち良く1日を過ごせる。

Exclusive (2007)


衝撃的なデビューから、次はどんな音楽を見せてくれるのか楽しみアルバム。

好きな曲は、

●Kiss Kiss:T-Painのフィーチャリング曲。T-Painっぽい曲の仕上がりで、クリス・ブラウンに合ったテンポのイイ曲になっている。

●With You:イントロから惹かれる曲。こんな感じで告白されたら、みんなオッケーすると思う。

●Forever:自身に溢れた歌詞がクリス・ブラウンっぽい。サビのダンスがすごい。

●Superhuman:Keri Hilsonのフィーチャリング曲。女性と初めてフィーチャリング曲した曲。2人の掛け合いから、盛り上がって、2人で歌うところまで、よく構成されている。

Graffiti (2009)


歌声がしっかりしてきたのか、ちょっと大人っぽくなり、前作に傾倒するような感じのアルバム。

好きな曲は、

●I Can transform Ya:Lil Wayne、Swizz Beatzとのフィーチャリング曲。ミュージックビデオがトランスフォーマーを意識している構成がおもしろい。

●Crawl:明日も頑張ろうって思える曲。

●I.Y.A.:テンポのイイ曲。I.Y.A.って何?って思ったけど、タイトルのつけ方がおもしろい。

F.A.M.E. (2011)


アルバムのジャケットが、絵で描かれたいるこれまでとは違うテイストになっていて、タイトルもコンマが付いた“F.A.M.E.”に意味ありと感じさせる。

しっかりとアーティストの階段を登っている印象を持つアルバム。

好きな曲は、

●Deuces:Tyga、Kevin McCallとのフィーチャリング曲。モノクロのミュージックビデオと、曲のテンポが好き。

●Up To You:クリス・ブラウンっぽいスローテンポの曲。

●No BS:Kevin McCallとのフィーチャリング曲。歌詞がヤバい。

●Yeah 3x:クリス・ブラウンらしいアップテンポの曲。クリス・ブラウンのダンスのスキルが存分に楽しめるミュージックビデオ。

●Next 2 You:Justin Bieberとのフィーチャリング曲。2人の声がいい感じに重なってる。

Fortune (2012)


アルバムのジャケットの様にスーツの似合う大人の雰囲気が漂うアルバム。

好きな曲は、

●Turn Up The Music:クリス・ブラウンらしいアップテンポで、アルバムの一曲目にピッタリの曲。

●Don’t Judge Me:ミュージックビデオのストリーがすごくおもしろい。“Please Don’t Judge Me, And I Won’t Judge You”って歌う気持ちがすごいわかるって思える歌詞。

●Don’t Wake me Up: イントロからサビまで徐々に盛り上がっていく爽快な曲。

X (2014)


Chris Brownのアルバムの中で一番好きなアルバム。

全体的に、ちょっと暗めのテイストになってるのがいい。

好きな曲は、

●X:ダークな雰囲気から始まるイントロがいい。

●Loyal:Lil Wayneとのフィーチャリング曲。ちょっとスローテンポになっているのがいい。クリス・ブラウンのダンススキルが際立つミュージックビデオ。

●New Flame:Usher、Rick Rossとのフィーチャリング曲。真っ白な上下の服が似合っててカッコイイって思うミュージックビデオ。Usherとの掛け合いと、Rick Rossの低いラップがカッコイイ。

●Stereotype:ステレオタイプな人間にはなりたくないって思える曲。

●Lady In A Glass Dress:Interludeやけど、クリス・ブラウンの歌唱力が光る。

●See you Around:男の気持ちが良くわかる曲。やっぱ、未練残ったりするんやねって思う。

●Don’t Be Gone Too Long:Ariana Grandeとのフィーチャリング曲。2人の声がすごく良く合っている。

●Don’t think they know:Aaliyahとのフィーチャリング曲。モノクロの中に赤と青だけ色づいているミュージックビデオが斬新。若くして亡くなったAaliyahの未発表曲をフィーチャーした。Aaliyahの歌声が素晴らしい。

Royalty (2015)


娘がでできてからなのか、落ち着いた雰囲気のアルバムになっている。

好きな曲は、

●Back To Sleep:新しい始まるを予感させるような曲調になっている。

●Fine By Me:クリス・ブラウンらしいアップテンポの曲。

●Liquor:タイトルっぽくお酒飲んで酔いながら歌ってる感じのテンポの曲。

●Zero:クリス・ブラウンっぽいアップテンポの曲で、出勤中に聴いたら、1日頑張れそうな感じ。

●Discover:悲しめの曲も好き。“I Discover, Discover I Love Her”って歌詞がいい。

●Little More (Royalty):クリス・ブラウンもちゃんと娘を愛してるんだなって思う。

クリス・ブラウンの曲は、楽しい時も悲しい時も泣きたい時も、どんな状況でも聞ける曲がある。

取り敢えず、トラブルを起こさず、落ち着いた生活を送ってもらって、これからもこの歌声を聴き続けれたら幸せだ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です