「最強スパイの仕事術」「最強マフィアの仕事術」最強の職業から仕事術を学ぶ

「最強スパイの仕事術」「最強マフィアの仕事術」最強の職業から仕事術を学ぶ


仕事の職種は違っても、一流の人の仕事ぶりは概ね一緒じゃないかと思う。

ある分野を極めた者の仕事の仕方は、他の分野でもきっと参考になる。

スポンサーリンク

「最強スパイの仕事術」 ピーター・アーネスト/マリアン・カリンチ 著 福井久美子 訳


CIAで活躍したピーター・アーネストは、企業の経営幹部として活躍している。

彼の仕事の経験やCIAのやり方、スパイの仕事術をビジネスマンに生かせるのだろうか。

CIAの人材として求められる5つの条件は、どの職種でも必要とされる条件なのではないかと思う。

ちゃんと仕事をするためには。

一生懸命、仕事を遂行しようとする人なら、きっと持っていると思う。

CIAの採用手順も書いていたのでおもしろい。

ってか、公開していい内容なのかな。

人を育てる項目は、読んでいて勉強になる。

学生を指導したり、ラボを健全に回すにはとても参考になる。

実践していた内容もあったし、新しい視点も与えてくれた。

他には、仕事をしていく上で必要なスキルが、具体的な例を挙げながらわかりやすく解説されている。

「最強マフィアの仕事術」 マイケル・フランゼーゼ 著 花塚恵 訳


マフィアの幹部、マイケル・フランゼーゼが教えてくれる仕事術。

何に一番興味を惹かれるかと言えば、マフィアという組織の仕事術をピックアップしてることだ。

マフィアって・・・

でも、おもしろいことに、マフィアの組織もビジネスの組織も、構成は似ている。

もちろん、犯罪はダメだ。

法律は犯してはいけない。

でも、仕事に取り組む姿勢を考察するなら、マフィアでも全く問題ない。

マフィアだった当時に経験した仕事の内容とかも書いている。

通常では知り得ないマフィアの仕事なのでおもしろかった。

“基本を知らないヤツは何をやっても成功できない”

“失敗はいつか成功するためのものだ”

“本当の成功とは?自分にとっての「成功」を定義せよ”

トピックが目を引く。

マキャベリとソロモンの格言が随所に入っていておもしろい。

マキャベリはイタリアの政治思想家。

ソロモンは古代イスラエルの王。

2人の考え方の対比も示されているから、構成がおもしろかった。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です