Bow Wow(バウ・ワウ)若くして成功したラッパー

Bow Wow(バウ・ワウ)若くして成功したラッパー


幼少から音楽活動をしていて、大人になってもラッパーとして活動している息の長いラッパーっていただろうか。

しかもイケメン。

名前も犬の鳴き声って…

スポンサーリンク

Bow Wow


アメリカ・オハイオ州出身のラッパー。

6歳でスヌープ・ドックの曲に参加。

自分でレーベルを持ち、俳優としても活動している。

NBAのチームのオナーもしている(た?)、若くして超お金持ちでしょ。

Wanted (2005)


大人になってから出したアルバム。

好きな曲は、

●Do You:いかにもラッパーって感じの曲。アルバムの1曲目に持ってこられたら、盛り上がらざるを得ない。

●Big Dream:ラッパーの成り上がりを歌っている。

●Let Me Hold You:Omarionとのフィーチャリング曲。Bow Wowのことを好きになった曲。今でも、ミュージックビデオを観ながら一緒に歌える。

●Like You:Ciaraとのフィーチャリング曲。この当時は恋人関係だったことを考えると、2人の相性が良かったんだなって思う曲。

The Price Of Fame (2006)


ジャケットがカッコイイアルバム。

好きな曲は、

●Price Of Fame:ラッパーとしての地位を獲得してるから歌える曲。

●Outta My System:T-PainとJohnta Austinとのフィーチャリング曲。Bow Wowとバラードのイメージはなかったのに、これもアリだなって思える。

●Shortie Like Mine:Chris BrownとJohnta Austinとのフィーチャリング曲。3人の相性がいいから、他の曲も出してほしい。楽しそうに歌っているのがイイ。

●I’m A Flirt:R. Kellyとのフィーチャリング曲。一定のテンポで言葉をのせているラップ部分がカッコイイ曲。

New Jack City II (2009)


ラッパーの引退宣言前の最後のアルバム。

好きな曲は、

●What They Call Me:NellyとRon Browzとのフィーチャリング曲。ヒップホップ要素も高い爽やかなラップソング。

●Roc The Mic:Jermaine Duoriとのフィーチャリング曲。王道のヒップホップナンバーって感じの曲。

●You Can Get It All:Johnta Austinとのフィーチャリング曲。爽やかな曲で、聴いていて心地がイイ。

●Like This:Johnta AustinとDondriaとのフィーチャリング曲。ちょっとダークな雰囲気のヒップホップは好き。タイトルの“Like This”って歌ってるトコがカッコイイ。

●Pole In My Basement:Bow Wowはこの曲みたいな、ちょっとダークな曲調と歌声が合っている。

他にもアルバムは出てないが、シングルカットしている曲で好きな曲は、

「New Jack City II」をリリースした後、ラッパーの引退宣言をした。

いろんなジャンルに才能を発揮しているからすごいと思う。

けど、個人的には音楽シーンで観たいアーティスト。

継続して、他のアーティストにフィーチャして歌声を聴きたい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です