Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)ハワイのNo.1シンガー

Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)ハワイのNo.1シンガー


現在、最も注目されているアーティストの一人。

2018年4月11、12、14、15日の4日間、日本のさいたまスーパーアリーナで単独公演を行い、計10万人を動員した。

StockSnap / Pixabay

スポンサーリンク

Bruno Mars


アメリカ・ハワイ出身、LAでプロディーサー・チームを結成。

ブルーノ・マーズもブロディ―サーからキャリアを始めたのか。。。

2010年に、B.o.Bの「Nothin’ On You」にフィーチャリングしたのをきっかけに世に出てきた。

Doo-Wops & Hooligans (2011)


デビューアルバムとは思えないくらい安定してイイって思える楽曲が多い。

好きな曲は、

●Just The Way You Are:聴いていて幸せになる曲。ミュージックビデオで、カッセトテープのテープを使って指で名前や絵を描くシーンがおもしろい。

●Our First Time:休日のお昼に、カフェでコーヒーを飲みながら聴きたい曲。

●The Lazy Song:癒される曲。口笛のサウンドがおもしろい。ミュージックビデオの構成が非常におもしろい。センスの良さを感じる。

●Marry You:結婚のプロポーズでフラッシュモブをする時に、絶対使いたい曲。

●Taking To The Moon:長澤まさみと高橋一生のCMに使われていた。ピアノの音がいい。練習して弾けるようになりたい曲。ブルーノ・マーズの声が綺麗すぎる。

Unorthodox Jukebox (2012)


前作とは、いい意味でフレッシュさがなくなったアルバム。大人の雰囲気がでてるのかな?

好きな曲は、

●Locked Out Of Heaven:カッコイイ曲。ミュージックビデオの構成もカッコ良く作られている。

●Gorilla:ブルーノ・マーズの歌の上手さがわかる曲。

●Treasure:オープンカーに乗って、海の横か夜の街を走る時に聴きたい曲。

●Show Me:ハワイっぽい曲。聴いていて楽しくなれる。

●If Knew:アルバムのラストソングにふさわしいサウンド。

ハワイアンっぽさを感じれる、癒されるサウンドが魅力のアーティスト。

ファルセット声がセクシーです。今後も活躍が期待できるシンガーです。

まだ「24K MAGIC」(2016)は聴けていません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です