B.o.B(ビー・オー・ビー)次世代のヒップホップスター


次々と才能のあるアーティストが登場するUS音楽シーン。2010年代を代表するヒップホップ界のラッパー。

スポンサーリンク


B.o.B


アメリカ・ジョージア州・アトランタ出身のラッパー。18歳(2006年)の時、有名な大物ラッパーのT.I.(ティー・アイ)の経営するクラブでのライブがきっかけで契約。

Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)との「Nothin’ On You」をきっかけに2人とも大ブレイクした。


B.o.B Presents: The Adventures Of Bobby Ray(2010)


デビューアルバム。様々な有名アーティストとフィーチャリングしていておもしろい。好きな曲は、

Don’t Let Me Fall:ボーカルもラップもできるやんって驚きを与えてくれた曲。サウンドがキレイ。

Nothin’ On You:Bruno Marsとのフィーチャリング曲。むちゃくちゃ名曲。こんなん言われてみたいわって思う歌詞。

Past My Shades:Lupe Fiascoとのフィーチャリング曲。Lupe Fiascoとの相性がすごくいい。

Airplanes:Hayley Williamsとのフィーチャリング曲。ちょっとダークな雰囲気の曲。

The Kids:Janelle Monaeとのフィーチャリング曲。他とはまた違ったサウンドで、スローテンポの南国の雰囲気が漂う曲。


Strange Clouds(2012)


前作よりもさらに、トレンドアーティストとフィーチャリングしてる曲が多かったアルバム。そうそうたるアーティストばっかで、すごいの一言。好きな曲は、

So Hard To Breathe:

Both Of Us:Taylor Swiftとのフィーチャリング曲。

Strange Clouds:Lil Wayneとのフィーチャリング曲。

Arena:Chris Brown、T.I.とのフィーチャリング曲。ピアノの音から始まるのが好き。3人の掛け合いがカッコイイ。

Castles:Trey Songzとのフィーチャリング曲。リズムが好き。2人の歌声も合っている。


Underground Luxury(2013)


全2作品とはまた違ったテイストの楽曲になった。ブラック感のあるアルバム。好きな曲は、

Ready:Futureとのフィーチャリング曲。ラップ主体の楽曲もカッコイイ。

John Doe:Priscillaとのフィーチャリング曲。Priscillaの歌声が上手すぎる。ゴスペルっぽくてカッコイイ。日本語で言う名無しの権兵衛が、英語ではJohn Doeって初めて知った。曲のタイトルのつけ方が秀逸すぎる。

Cranberry Moonwalk:Mike Freshとのフィーチャリング曲。優しい曲。

Forever:Playboy Treとのフィーチャリング曲。ピアノとラップのサウンドとがうまく融合している。


最後に


ボーカルもラップもこなせて、ギターもピアノも弾けて、ヒップホップ、R&B、ファンク、ロックの多様な音楽を使いこなせている才能あるアーティスト。

やっぱり才能ある人は、幅広く何でもできる印象があります。

いろんなジャンルのアーティストともフィーチャリングしているので、楽しい。今後も目が離せないアーティスト。

2017年以降にリリースしているアルバムが全然チェックできていないので聴こうと思います。


関連記事


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。