映画「タイム」近未来世界のスリルサスペンスストーリー

映画「タイム」近未来世界のスリルサスペンスストーリー


あのジャスティン・ティンバーレイクが映画に出るだと!?

マンマ・ミーア!のアマンダ・セイフライドもその映画に出るだと!?

スポンサーリンク

TIME/タイム In Time


2012年2月に公開された。

遺伝子操作で25歳で歳を取らなくなり、時間が通貨の世界で、時間で全てのものを買う。

働いたら時間が報酬となる。

時間が0になれば命を落とす。

Hans / Pixabay

ウィル・サラス:貧困層の青年。ジャスティン・ティンバーレイク。

シルヴィア・ワイス:時間を持つ富裕層。アマンダ・セイフライド。

レイモンド・レオン:時間を搾取がないか管理するタイムキーパー。キリアン・マーフィー。

レイチェル・サラス:ウィルの母親。オリヴィア・ワイルド。

ヘンリー・ハミルトン:ウィルに時間を与えて自殺する富裕層。マット・ボマー。

斬新な世界観


世界観を理解するのに少し時間がかかった。

スピード感がある展開なので、最後まで飽きずに見ることができた。

世界観の理解とストーリーの展開のスピードに追い付かなければいけないので、そこはちょっと大変かな。

富裕層と貧困層の描かれ方が、現代社会の構造と被る部分がある。

富裕層に生まれれば、ずっと富裕層。貧困層に生まれれば、ずっと貧困層。

努力で成功者になれることはほぼない。

みんな平等に生まれてくるわけではなく、生まれた時に、既に不平等な環境から始まる。

何年も生きている富裕層のヘンリーがウィルに自分の時間を与えるが、その理由が考えさせられる。

若手の俳優が出ていて、ストーリーも含め、かなりの挑戦作品だと思う。

こういう世界観を思いついて、映像化できる人、マジすげぇ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です