映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」日本アニメをハリウッド映画化した成功作品と言っていいと思う

映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」日本アニメをハリウッド映画化した成功作品と言っていいと思う


日本のアニメーションで最高の部類に入る、攻殻機動隊。

それがハリウッド映画化されるだと!?

おもしろいわけないやろ。絶対つまらんやろって思ってた。

少佐役がスカーレット・ヨハンソンって決まったのを知って、ちょっと観てみようって気になった。

スポンサーリンク

ゴースト・イン・ザ・シェル Ghost in the Shell


2017年4月に公開された。

「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」、「攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX」、「攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG」が詰まったストーリーになっていた。

ミラ・キリアン少佐/草薙素子:スカーレット・ヨハンソン。

バトー:ピル―・アスベック。

荒巻大輔:ビートたけし。

オウレイ博士:ジュリエット・ビノシュ。

クゼ:マイケル・カルメン・ピット。

トグサ:チン・ハン。

ハイリ:素子の母親。桃井かおり。

とにかくアニメの再現能が高い


アニメが再現されているシーンがいくつもあって楽しめた。

さすがハリウッドで、映像がアニメに劣らずきれいな映像に仕上がっていた。

攻殻機動隊へのリスペクトが感じられた。

素子役が白人で、最初は批判があったみたいだが、個人的にはスカーレット・ヨハンソンがカッコ良く演じていたので、良かったと思っている。

ビートたけしもカッコ良かった。ちゃんと荒巻っぽかった。

撮影期間が数日しかなくて、全部日本語で演じてたらしいが、圧巻の存在感がある仕上がりになっていたと思う。

ビルから落ちていくシーンや光学迷彩をまとうシーンなんかは、さすがハリウッドの技術やなって思った。

映画館で観たかった・・・


映画館に観に行くタイミングを逃してしまった。

アメリカ行きの飛行機の中で、鑑賞できる映画にあったので、観てみた。

観入ってしまった。

期待値が低かったので、満足度は高かった。

映画館で観たかったなぁ…

個人的には、続編があって、タチコマが出てきたら最高だと思う。

まあ、でも、攻殻機動隊の様にシリアスな雰囲気の中にタチコマの“抜け感”がサイコーだったので、それも是非再現して頂きたい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です