映画「幸せへのキセキ」人生をリセットしたい時にどう行動すればいいか学べる


ボーン・アイデンティティーの戦闘能力高すぎるマッド・デイモンじゃなくて、人間くさいマッド・デイモンの演技が観れる映画。

スポンサーリンク


幸せへのキセキ We Bought a Zoo


2012年6月に公開された。

実在する人物ベンジャミン・ミーが書いた本を原作にして、妻を亡くした後に、動物園を購入し、動物園を開園するまでの奮闘と家族との関係を見直すストーリー。

ベンジャミン・ミー:妻を亡くしたが、動物園のオーナーとなって子供たちとの関係を修復しようとする。マット・デイモン。

ケリー・フォスター:動物園の飼育係で、従業員のリーダー的存在。スカーレット・ヨハンソン。

ディラン・ミー:ベンジャミンの息子。父親のベンジャミンと衝突する。絵が得意。コリン・フォード。

ロージー・ミー:ベンジャミンの娘。動物が好き。マギー・エリザベス・ジョーンズ。

リリー・ミスカ:ケリーの従妹、動物園で働いている。エル・ファニング。

ダンカン・ミー:ベンジャミンの兄で会計士。トーマス・ヘイデン・チャーチ。

ピーター・マクレディ:動物園の職員。アンガス・マクファーデン。

ロビン・ジョーンズ:動物園の職員。パトリック・フュジット。

ロンダ・ブレア:動物園

の職員。カーラ・ギャロ。

ウォルター・フェリス:動物園開園の検査官。ジョン・マイケル・ビギンズ。

キャサリン・ミー:ベンジャミンの妻。ステフェニー・ショスタク。

家族に相談せずに、ベンジャミンが一人で勝手に動物園の購入を決めたり、引っ越ししたり、全財産を動物園の再建に使われたりしたら、びっくりする。この映画が本当の話なんで、よけーアメリカのスケールのでかさにびっくりする。

思春期のディランが父親のベンジャミンに歯向かう状況が、よく気持ちわかるので、思春期の頃を思い出した。

ロージーが動物と戯れてる姿は癒されます。幼少だと、大人のあれこれがわからないので、無邪気な姿を見ると癒される。自分にもそういう時期があったし、ずっとそういることができれば幸せやったなって思う。

絵が得意なディランが書いた絵を、動物園のポスターに採用するベンジャミンの裁量が最高すぎる。自分の得意な分野で協力できるってうらやましい。

動物園の再建の過程は、映画の中ではテンポよく進んで行ったけど、実際は映画で描かれてるよりもっとバタバタしてたり、人間関係とか大変やったろーなって思う。

リアルな話が原作なので、新しいことをスタートさせたり、家族の関係とか、今の人生を考えるきっかけになる映画だった。

スポンサーリンク

関連記事

映画「クレイジー・リッチ!」主要な役が全てアジア系の俳優の映画

今週末観たい映画「ジョン・ウィック」シリーズ

映画「メリー・ポピンズ リターンズ」魔法にかけられたら歌って踊れるかもしれない

今週末観たい映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」

映画「億男」お金とは何か、お金の価値を考える

プロジェクター「FUNAVO」で部屋を映画館にしてみた

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です