韓国ドラマ「この恋は初めてだから」大家と賃借人との関係から契約結婚

韓国ドラマ「この恋は初めてだから」大家と賃借人との関係から契約結婚


日本でも話題になったガッキーの「逃げ恥」のパクリじゃないかって話題になったドラマらしかったので、観るのどうかと思ったけど、観てみたらおもしろかった。「逃げ恥」を観てなかったのが逆によかったのかも。

スポンサーリンク


この恋は初めてだから


ナム・セヒ:IT企業で働くアプリ開発のエンジニア。家の1室を間貸しして賃貸収入を得ている。イ・ミンギ。

ユン・ジホ:脚本家を目指している。高学歴。弟と同居していたが、弟の結婚で、新しく居住できる家を探す。チョン・ソミン。

ウ・スジ:ジホの高校からの親友で、大企業で働くキャリアウーマン。イ・ソム。

ヤン・ホラン:ジホとスジの高校からの親友で、カフェで働く。キム・ガウン。

マ・サング:セヒが働くIT企業の社長。パク・ビョンウン。

シム・ウォンソク:ホランの彼氏でサングの後輩。キム・ミンソク。

ヨン・ボクナム:ジホのバイト先のカフェの店員。キム・ミンギュ。

コ・ジョンミン:ドラマ制作会社の社長で、セヒの元恋人。イ・チョンア。

同居、契約結婚から始まる独身主義者と脚本家のラブコメディ。

イ・ミンギとチョン・ソミンが、「キム秘書はいったい、なぜ?」のキム・ミソが子供の頃の両親役で出てるので、それでこのドラマに興味をもったのもある。

セヒの現実主義で論理的思考なセリフがむっちゃ好き。仕事とプライベートで普段は感情の起伏がないのに、唯一、サッカーでテンションが上がる落差がおもしろい。

ジホが仕事で嫌な目に合って、スジとホランに話した後に、3人でカラオケに行って歌って踊りまくるシーンがおもしろかった。女子がストレス発散にカラオケに行って歌って踊るのが韓国ドラマの定番やと思う。

ジホがアシスタントをしていた脚本家の女優さんが、「愛の温度」でも同じ脚本家の役をしていて、意識した敢えての配役なのか、たまたまそうなったのかわからないけど、どっちも自分勝手な嫌な性格の役で、おもしろかった。

スジが会社でセクハラをよく受けてるのを観て、韓国のドラマでもたびたび会社でセクハラを取り上げてるシーンがあるから、日本と同様、韓国社会でもよくある問題なんやろうなって思った。韓国ドラマの方が日本のドラマよりもセクハラの表現が露骨な感じがする。

スジがバリバリ働いてるエネルギーがすごいカッコイイ。

脚本家が夢のジホ、社長が夢のスジ、結婚が夢のホラン、全く性格が違う3人の友情関係がおもしろい。おもいっきり楽しんだり、おもいっきり愚痴ったり、おもいっきりケンカしたりする関係がすばらしい。

バルコニーよりも広いエリアの屋外で飲み食いするシーンが「あなたが眠っている間に」、「愛の温度」、「ハベクの新婦」でもあったけど、韓国にはそういう家が多い気がする。

セヒ、ジホ、それぞれ自分の家族との関係に多少の問題があるのを観てると、気持ちがむっちゃわかる気がする。自分的にはそのほうが現実的な気がするすけど、一般的にはドラマ的なのか非現実的に見えるのかどっちなんか?

セヒがジホに結婚しても一定の距離を保とうと言ったのに、ジホがボクナムと仲良くするのを見て、明らかな嫉妬をしてるのに、自分が嫉妬してることに気づいてないセヒを見てるとおもしろい。無表情でジホに挨拶したり、ネコをかわいがってる姿もおもしろい。

OSTが星野源っぽい曲があって、ちょっと「逃げ恥」を彷彿させる。大きな設定はほぼ一緒やけど、細かい人物の背景とか人間関係とかがオリジナルなので、そんな「逃げ恥」を意識しなかった。

ジホ役のチョン・ソミンがむっちゃかわいい。男性が好きな女性の雰囲気がする。けど、女性から嫌われる様なタイプにも見えないので、いい感じの雰囲気。他の出演作品も見てみたい。

マ・サングがよくアホな発言ばっかしてるのに、スジを好きな気持ちが純粋すぎてなんか笑えるし、泣き出してしまう姿もなんか笑える。ただのお調子者やと思ってたけど、スジに対する行動とか、発言とか聞いてると、かなりええヤツ。

「私たちは努力しない限り、相手を理解できない」「他人のために努力をするという行為こそが、私たちの人生を価値のあるものにしてくれる」ってジホのセリフが突き刺さる。

辛いことがあっても、我慢したり、自分で考えたり、友達に話したり、自分で立ち直る能力を持ってるジホはかなり強い人間だと思う。かわいらしい見た目と、芯の強いギャップがいい。

ジホとセヒがヨーロッパのサッカーの試合をテレビで一緒に観戦しながら、それぞれでテンション上がってるってのがおもしろい。

ジョンミンが仕事のできる美人なキャリア・ウーマンすぎてかっこいい。

ジホ、スジ、ホラン、三者三様のいろんな形のカップルがいて、ステレオタイプな描かれ方じゃなかったので、共感できる部分、嫌悪する部分、いろんな面があってよかった。

思ってた以上に穏やかなストーリーのドラマでした。逃げ恥のパクリじゃないか疑惑あったけど、大まかな設定は似てたけど、話数が長い分、主人公のセヒとジホ以外の他の人物にも焦点を当てて掘り下げて描かれていたのでおもしろかった。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です