映画「今日も嫌がらせ弁当」キャラ弁の域を超えた愛情弁当

映画「今日も嫌がらせ弁当」キャラ弁の域を超えた愛情弁当


公開された時に観ようかなってちょっと気になってた映画。

スポンサーリンク


今日も嫌がらせ弁当


2019年6月に公開された。


キャスト


持丸かおり:女手一つで双葉と若葉を育ててきたシングルマザー。篠原涼子。

持丸双葉:かおりの次女。反抗期でかおりと口をあまりきかない。芳根京子。

持丸若葉:かおりの長女。一人暮らしをしている。松井玲奈。

岡野信介:かおりの弁当ブログの読者。佐藤隆太。

持丸島次郎:かおりの夫。事故で亡くなる。岡田義徳。

山下達雄:双葉の幼馴染で太鼓部に所属。佐藤寛太。


あらすじ


高校生になった反抗期の次女のために、キャラ弁を卒業まで毎日作り続けた母親のストーリー。


見どころ


かおりと双葉が家で口をきかずに、携帯でメッセージを送り合って会話するシーンが、現代っぽくておもしろい。

双葉の同級生が、毎度毎度、かおりが作ったキャラ弁を見に集まるシーンが、なんかいい。

いろんな芸人がキャラ弁の声として出てくるので、おもしろい。

かおりと双葉が言い争いをしてるシーンは、自分が高校生の時をちょっと思い出した。どこの家にもああいう親子の言い争いはあるんやな。さらに部屋のドアを燃やして、さらにそれで焼き芋するってのがおもしろい。


お気に入りのシーン


双葉が弁当を開ける時間帯に、かおりが双葉が弁当を開けてウザがるところを想像してドヤ顔するシーンが好き。

八丈島の説明のシーンで、キレイな自然とキレイな海を観て、八丈島に行ってみたくなった。度々、ここも東京だけどっていうシーンがあって、実際の島民もよく言うセリフなんかな。

双葉が東京に面接に行くために船に乗ってかおりと若葉に見送られてるシーンの途中で、エンドロールが流れて、えっ、もう終わったん!?って思って時間確認したら、かおりが「まだ終わってません!」って突っ込むシーンが、斬新過ぎて、おもしろい演出やと思った。

卒業式の日にでかい弁当箱を開けて、出てきた弁当のメッセージは感動のシーンだった。その時の芳根京子の泣く演技がすごかった。その弁当をクラスのみんなで食べるってのがいい。


最後に


毎日弁当を作るだけでも、ケッコー大変やのに、キャラ弁を作ってるのがすごい。自分が中高生の時は何も思わんかったけど、今は全国の弁当作ってる親に拍手を送りたい。送りたくなるような映画。

個人的に、連続ドラマにしても面白いんじゃないかと思った。

篠原涼子のコメディっぽい演技も、シリアスな演技も、感動シーンの演技も、どれもすごい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です