映画「蜜蜂と遠雷」映画ではなくて美しいピアノの音が奏でる音楽

映画「蜜蜂と遠雷」映画ではなくて美しいピアノの音が奏でる音楽


映像化が難しいと言われた作品だったので、ちょっと注目はしていた。これまで観るタイミングがなかったけど、やっと観ることができた。

スポンサーリンク


蜜蜂と遠雷


2019年10月に公開された。


キャスト


栄伝亜夜:天才少女と言われていたが、ピアノから遠ざかった時期がある。再起をかけてコンクールに挑む。松岡茉優。

高島明石:楽器店で働くが、年齢制限ギリギリでコンクールに挑む。松坂桃李。

マサル・カルロス・レヴィ・アナトール:名門音楽院に在籍している。優勝の大本命としてコンクールに挑む。森崎ウィン。

風間塵:謎の天才少年。鈴鹿央士。

高島満智子:明石の妻。臼田あさ美。

田久保寛:コンクールのステージマネージャー。平田満。

嵯峨三枝子:コンクールの審査委員長。斉藤由貴。

仁科雅美:コンクールを取材するドキュメンタリー番組のスタッフ。ブルゾンちえみ。

小野寺昌幸:最終日のオーケストラを指揮する世界的な指揮者。鹿賀丈史。


あらすじ


若手ピアニストの登竜門で有名なコンクールに挑む4人の物語。


見どころ


最初のシーンのBGMにチェロっぽい重低音が聴こえたのが、映画の内から広がる壮大な雰囲気の始まりな感じがした。

最後まで誰が優勝するかわからない展開で、どーなるん!?って思いながら最後まで観れた。

亜夜、塵、マサルが海に行った時、塵が世界が泣いてるって言ってた意味がよくわからなかったけど、ちゃんと拾ってくれるシーンがあって、それが亜夜の心情を超表現している美しいシーンだったので感動した。

脇を固めている豪華俳優陣の安定感がやばい。


好きなシーン


雨が地面に落ちて跳ね返ったり、落ち葉に落ちる映像がむちゃくちゃキレイ。

亜夜と塵が月明かりの下でピアノを一緒に弾くシーンが美しい。

最終日に明石と話してる時に泣いてる亜夜を見て、改めて、松岡茉優の演技ってすごいなって思った。最後の演奏に臨む時の表情も一気に変化して、それを演じれるのがすごい。

塵がピアノを弾いてる時、終始楽しそうな表情で演奏しているのを見て、純粋に音楽を楽しんでいるんだなって思う。

この流れで、予想してなかったこの人が優勝かっていう展開も驚いた。


最後に


4人とも全員性格がいいので、美しいピアノの音にピュアな人たちの人間模様が見れた。

映画なので映像も重要なんやけど、この映画は音声だけ聞いてても感動できる不思議な感覚を与えてくれた。

原作も読んでみようと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です