映画「高台家の人々」人を幸せにする妄想を読んで幸せになる高台家の人々

映画「高台家の人々」人を幸せにする妄想を読んで幸せになる高台家の人々


綾瀬はるかの漫画原作の映画。あまり興味がなかったけど、観てみたら意外とおもしろかった。綾瀬はるかの演技は癒し効果がある。と思う。

スポンサーリンク


高台家の人々


2016年6月に公開された。


キャスト


平野木絵:妄想好きの平凡な会社員。綾瀬はるか。

高台光正:元華族の名門の家出身の長男で、木絵の会社のエリート社員。テレパス能力を持つ。斎藤工。

高台茂子:光正の妹でファッション関係の仕事をしている。テレパス能力を持つ。水原希子。

高台和正:光正と茂子の弟。テレパス能力を持つ。間宮祥太朗。

高台由紀子:光正、茂子、和正の母親。大地真央。

高台茂正Jr.:光正、茂子、和正の父親。市村正親。

高台アン・シャーロット:光正たちの祖母でイギリスの名門の令嬢。テレパス能力を持つ。シャーロット・ケイト・フォックス。

高台茂正:光正たちの亡き祖父。大野拓朗。

斎藤純:茂子の同級生で獣医。小さい頃から光正が好き。夏帆。

岸本浩平:茂子の同級生で飲み仲間。坂口健太郎。

脇田実:木絵の上司。塚地武雅。

阿部弓子:木絵の同僚:堀内敬子。


あらすじ


名門の高台家の長男でテレパス能力を持つ光正は、奇想天外な妄想をする木絵と出会い、惹かれる。


見どころ


木絵の妄想があまりに独特過ぎておもしろい。こんな感じの妄想が見れたらみんな幸せになると思う。光正が会社で聞く心の声はみんな愚痴・不平・不満やのに、こんな幸せな妄想が見れたら安らぐ。

木絵の妄想の中に出てくるキャラクターを演じてる塚地がいい味出してた。

光正、茂子、和正がバンパイアって妄想した時の茂子の姿が、まさにって感じで、水原希子のバンパイア姿がむっちゃ似合ってた。

高台家の人々が全員イケメン美人ってのがどんな一族やねんって思ってしまう。


好きなシーン


木絵の妄想のシーンがあまりにも和む感じで、映像として表現されるとこんな感じなんかって思う。木絵の純粋さが現れるような妄想内容盛りだくさんで、どの妄想の映像も観てたら和む。

木絵の妄想で、光正のセリフが棒読みなシーンがいくつかあるけど、それがおもしろい。

心を読まれないようにするために、環境ビデオみたいな映像って発想がおもしろい。

木絵が自転車一生懸命こいでいる風景がきれいすぎて好き。


最後に


ただのラブストーリーと思ってたけど、思いの外心温まるストーリーやった気がする。

他の作品を観てても何も思わなかったけど、斎藤工はイケメンかもってこの映画を観て思った。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です