映画「ハンナ」めちゃくちゃ強い少女


予告を観た時の衝撃は忘れられない。10年前くらいは女の人がアクションをする映画がほとんどなかったような気がする。その中で、この映画は少女がバリバリのアクションで倒していくから印象に残る映画。

スポンサーリンク


ハンナ Hanna


2011年8月に公開された。


キャスト


ハンナ:小さい頃から暗殺者としてのスキル叩き込まれた。シアーシャ・ローナン。

エリック・ヘラー:ハンナの育ての親。エリック・バナ。

マリッサ・ウィーグラー:CIAエージェント。ケイト・ブランシェット。

アイザックス:マリッサが雇った暗殺者。トム・ホランダー。


あらすじ


暗殺のスキルを教えられた少女ハンナが、母親の復讐を果たすために戦う。


見どころ


ハンナが捕まったモロッコで、ラクダがいっぱいいたり、アラビアンな建物の映像に圧倒された。

全体を通して走っているシーンが多く、スピード感ある映像になっている。


好きなシーン


最初の真っ白な雪山、真っ白な雪の上で狩りをするシーンがキレイだった。実際に雪の中で撮影してるかはわからないけど、寒そうだった。さらに、雪の中で訓練をしてるハンナの姿がかっこよかった。

施設から逃走するシーンはハラハラドキドキした。

エリックが地下鉄で戦うシーンで、ずっと回転しながら撮っているカメラワークのアクションの映像がかっこよかった。

コンテナのエリアでの逃走シーンはかなり臨場感があって、さらに流れるようなアクションシーンがおもしろかった。


最後に


アクションがメインの映画。ストーリーを追いにくかったけど、スピード感あるアクションと、カメラワークがよかった。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です