「Kindle Paperwhite」本は紙書籍ではなく電子書籍で読む時代になった


本といえば紙のイメージだったけど、ここ数年でかなり電子書籍が充実してきた。

紙派ですが、持ち歩くのにかなりかさばるので、Kindleがあったら便利だなと1年くらいなやんでいました。Kindleがセールになっている時に買おうと思って、1年くらい様子を伺い、ついに購入。

思っていた以上に使えそうだったので紹介します。

スポンサーリンク


Kindle Paperwhite


防水機能が搭載された8GBの広告つきにして、10,980円(3000円くらい安くなっているタイミング)で購入しました。

アマゾンプライム会員になれば、プライムデーでもっと安く購入できるタイミングがあると思います。


紙みたいな質感


タブレットと違って、紙みたいな感じです。


文字の大きさ


文字のサイズとフォントも変更できます。


防水機能


防水機能が付いているので、お風呂でも読めます。お風呂に浸かる時間にKindleで本を読めるので、時間をもてあそぶことがありません。

この機能はKindleを購入した決め手の上位にくる理由です。


かさばらない大きさ


データなので、本1冊持ち歩くよりもKindleだとかさばらないのはかなりいい。

これは買ってから気づいたのですが、ポケットに入るサイズなので、簡単に持ち歩ける。


目に優しい


バックライトの強さを変更できるので、寝る前の暗い部屋でも外で読むにもどちらにも合った明るさ設定ができる。

太陽の下でも読むことができるっていうのも、Kindleを購入した決め手の上位にくる理由です。


Kindle価格で購入できる


Kindle価格で紙より安く購入できる商品もあるので、お得な感じです。日替わりセール、月替わりセールがあり、かなり破格で購入できる書籍もあります。

Kindleを購入した決め手の上位にくる理由です。

Kindle本体からも本を購入できます。


気を付けたい


Kindle本体からも簡単に本が購入できるため、ついついすぐポチってしまいそうになる。

指の反応がイマイチな時があり、触り方によると思うけど、そのつもりはないのにハイライトになったりする。でも削除もできるので、タッチに慣れれば大丈夫だと思う。

漫画だと容量が多いみたいなので、漫画をKindleで読みたい人は32GBの方がいいみたいです。私は文庫本、ビジネス書、小説系がほとんどなので、8GBで十分な感じです。


一緒に購入したもの


付けといた方がいいかなって思った2年の延長保証プラン。

画面に傷をつけたくなかったので保護フィルム。

買わなかったのですが、カバーもあった方がいいのかなとは思っているので、今後購入するかもしれないです。


最後に


購入してもそんなに使わないかもとちょっと懸念していましたが、思った以上に使えるなって感じです。

本は紙派ですが、現状、紙で読みたい本は紙書籍を購入して、電子書籍でもいいかって思ったり、Kindleやとかなり安くなるやんって本はKindleで購入するようにしています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です