韓国ドラマ「むやみに切なく」最後まで観たらむやみに切なくなる理由がわかる


「あなたが眠っている間に」のペ・スジ演技がよかったので、他のドラマを観てみたいと思っていたら、おもしろそうなのを発見した。

スポンサーリンク


むやみに切なく


2017年に韓国で放送された。


キャスト


シン・ジュニョン:国民的トップスター。余命を宣告させる。キム・ウビン。

ノ・ウル:ドキュメンタリー番組のプロデューサー。ぺ・スジ。

チェ・ジテ:財閥の御曹司。イム・ジュファン。

ユン・ジョンウン:レストランシェフ。イム・ジュウン。

ノ・ジク:ウルの弟で高校生。イ・ソウォン。

シン・ヨンオク:ジュニョンの母親。飲食店を経営している。チン・ギョン。

チェ・ヒョンジュン:ジテの父親。国会議員。ユ・オソン。

イ・ウンス:ジテの母親。財閥のグループ会長。チョン・ソンギョン。


あらすじ


芸能人のジュニョンとドキュメンタリーPDのウルの高校生から因縁を描いたラブストーリー。


見どころ


初めの数話でいろいろ関係性とか出来事がほぼ全部明らかになるのにびっくりした。その上で、どうジュニョンとウルが過ごすのかってことが描かれていくのかな。だいたい初めはいろいろ謎で、ストーリーが進むにつれて明らかになっていくって感じが多いけど、このドラマのパターンは初めてかもしれない。

「あなたが眠っている間に」の時のペ・スジとは違って、かなり擦れててちょっと若々しい感じが、違うペ・スジを見れた気がする。

ジュニョンがイライラしてよく怒鳴る感じが、余命宣告されてどうしようもない不安とウルへの申し訳なさと好きって気持ちが混在して複雑な感情をキム・ウビンが表現してるのがよく表れてると思う。

ウルに素直になれずにいつもキツイ言葉をかけたりするのに、ウルがいないところや聞いていないところでむちゃくちゃ優しいジュニョンの性格はかなりひん曲がってる気がするけど、鑑賞してる側からしたら引き込まれるのかもしれない。

ストーリーの節々に流れる「A Little Braver」が絶妙で、イントロがピアノがシーンをより感傷的にしてくれる。

ジュニョンがジョンウンの自白を引き出してる映像を、外でPC越しに観てるウルがうなだれる瞬間のシーンが一番盛り上がったシーンな気がする。


好きなシーン


ジュニョンが置き去りにしたウルを追いかけた場所の雪が積もってる感じと、吹雪いてる雪景色がむちゃくちゃキレイで、ジュニョンがノ・ウルって叫んで、ウルが静かに最低野郎っていうシーンが印象に残った。

お酒を飲んでむっちゃ酔いながら号泣しながら電話してるウルを演じてるぺ・スジがかわいらしかった。

ウルがジュニョンを好きになった瞬間がストーリー後半になって初めて語られて、何年何月何日のどんな状況だったかを初めて聞いたジュニョンの表情が印象的だった。

桜の木の下で、桜が舞ってる中、ウルとジュニョンが一緒にいるシーンがむちゃくちゃきれいだった。

ジュニョンがウルと一緒に過ごすために買った家の外装、緑がある周辺風景、家の中の雰囲気、全てがいい。玄関外のスペースもグッド。

様々なすれ違いもあったけどその過程を経て、家の外のソファにウルとジュニョンが幸せそうに座ってるのを観て、最後まで観続けてよかったって思えるシーンだった。


最後に


擦れた性格のペ・スジの演技もよかったので新しいペ・スジを知れた気がする。

キム・ウビンの演技を初めて見て、これは注目すべき俳優さんやと思ったので、パク・シネも出ている「相続者たち」も観てみたいと思った。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です