韓国ドラマ「キルミー・ヒールミー」タイトルの深い意味に感銘を受ける


多重人格を演じるチソンの演技がすごいって話題だったのと、「彼女はキレイだった」のファン・ジョンウムとパク・ソジュンが出演しているドラマだったので観てみました。

スポンサーリンク


キルミー・ヒールミー


2015年に韓国で放送された。


キャスト


チャ・ドヒョン:財閥の御曹司。多重人格を持ち、セギ、ヨソプ、ヨナ、フェリー・パクという人格がいる。チソン。

オ・リジン:精神科医。ファン・ジョンウム。

オ・リオン:リジンの双子の兄。覆面ベストセラー作家のオメガ。パク・ソジュン。

チャ・ギジュン:ドヒョンのまた従兄弟。会社社長。オ・ミンソク。

ハン・チェヨン:ギジュンの会社のチーム長。ギジュンの婚約者。キム・ユリ。


あらすじ


多重人格を持つ財閥御曹司ドヒョンとその主治医の精神科医リジンのラブストーリー。


見どころ


ヨソプが書いたキルミーを、リジンがヒールミーに書き換えたシーンが印象的な表現だったと思う。このドラマのタイトルの意味が観続けるとより深く理解できる。

リジンとリオンが普通の双子って関係やと思ってたけど、後々リジンの生い立ちも明らかになってくるので、思ってもなかった展開がおもしろかった。リオンがちゃらちゃらしてる軽い奴かと思いきや、むっちゃ一途ないい奴やんって展開もよかった。

多重人格のドヒョンを演じてるチソンの演技が話題になっていたみたいやけど、実際に多くの人格を使い分けてるのを観たらやっぱすごいって思った。


好きなシーン


ビルから飛び降りようとしたヨソプが「何人もいるせいで突然変異と呼ばれる」って言ったら、リジンが「誰もが別の顔を持っている。死にたい自分や生きたい自分。弱気な自分や必死な自分が毎日戦っている。」ってセリフがかっこよかった。

ヨナとリジンが髪をつかみ合いながらケンカしてるシーンがむちゃくちゃ爆笑してしまった。ヨナがリオンを気に入ってるのとか、好きなアイドルに向かってダッシュするシーンもむちゃくちゃ爆笑してしまった。

セギとリジンがネクタイを締めろ、嫌だって言い争っていながら、なぜかラップバトルみたいになるシーンに吹き出してしまった。

ドヒョンとリオンが言い争ってると、リジンとリオンの父親が店の手伝いしろって2人を怒って、2人が仕込み中に真面目な話をしてると、早く作業しろって怒りに来るタイミングが絶妙で笑ってしまった。


最後に


ラブコメっていうほど軽い感じは全くなく、思いのほか、多重人格になった理由とか重いテーマを扱っていた。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です