韓国ドラマ「私のIDはカンナム美人」整形して何を手に入れたのか


前から気になっていた作品だけど観ずに現在に至る。観てみたら、思ってた以上のメッセージ性があったドラマやったなって感じた。

スポンサーリンク


キャスト


カン・ミレ:整形して美人になる。韓国大学化学科の1年生。イム・スヒャン。

ト・ギョンソク:ミレの中学の同級生で、大学の同期。チャ・ウヌ。

ヒョン・スア:ミレとギョンソクの同期。チョ・ウリ。

オ・ヒョンジョン:ミレの中学からの同級生。韓国大学心理学科。ドヒ。

ヨン・ウヨン:ミレたちの先輩。化学科の大学院生。クァク・ウヨン。

ソ・ユジン:ギョンソクの友達で飲食店経営。イ・テソン。

ナ・ヘソン:ギョンソクの母親。会社の代表。パク・チョミ。

ト・サンウォン:ギョンソクの父親。国会議員。パク・ソングン。

ト・ギョンヒ:ギョンソクの妹。高校生。キム・ジミン。

ナ・ウンシム:ミレの母親。ソンファ。

カン・テシク:ミレの父親。ウ・ヒョン。

チャン・ウォノ:ミレたちの同期。キム・ドヨン。

ユ・ウン:ミレたちの同期。パク・ユナ。

チェ・ジョンブン:ミレたちの同期。チョン・スンへ。

キム・ソンウン:ミレたちの同期。キム・ウンス。

イ・ジヒョ:ミレたちの同期。チョン・へリン。


あらすじ


容姿でいじめられてきたミレは整形をしてきれいになる。大学に入学して、中学の同級生のギョンソクと再会する。


見どころ


チャン・ウヌが壮絶イケメン過ぎるドラマ。結局、外見じゃなくて中身だけを見てるのは壮絶イケメンのギョンソクのみっていうこと。

ミレに近づこうとする勘違い先輩の行動が恐怖。ギョンソクに近づこうとする女の先輩も見てて怖い。顔で人を評価する人間を集めたドラマ。その中で、ミレの友達とギョンソクは人間の中身を見てるんやなって思う。

スアの行動が全部全部策略過ぎて怖い。クズ過ぎる。これに近い怖い女も現実にはいるけど、そーいう女を全て凝縮してキャラな感じ。ストーリーが進むにつれて恐怖感が増す。

学祭準備の男たちの発言がキモ過ぎてヤバいし、それに反論できない女子達もかわいそう。売り子のユニフォームの選び方もキモ過ぎる。それを受け入れないといけない状況もヤバい。


好きなシーン


言われたい放題していたミレが、少しずつ怒りを示して、嫌なことは嫌と言うようになっていく過程が、成長していく感じがした。

学祭中に男どもの発言があまりにもひどいのに絶えれなくなって、女子達が反論し始めた時、よく言ったって思った。男どもがひどい発言してるのに、同性の男どもが誰も注意説同じになって人格否定するような言葉を浴びせる状況もクズの集まりかなって思ってしまった。


最後


容姿や学歴を含めた外見だけで判断されがちな時代に一石を投じるようなドラマだった気がする。結局、当事者たちも外見を気にして生きてるから生じる行き難さもある気がした。

今後の新しい時代は人間を中身で判断する人の割合がもっと増えていけばいいなって感じた。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です