映画「スパイダーマン」トビー・マグワイアのスパイダーマンの2作目


1作目がむちゃくちゃおもしろかったので、公開された時に映画館に観に行った2作目。

スポンサーリンク


スパイダーマン2 Spider-Man 2


2004年7月に公開された。


キャスト


ピーター・パーカー/スパイダーマン:遺伝子組み換えされたスパイダーに噛まれて能力を手に入れる。トビー・マグワイア。

メリー・ジェーン・ワトソン:ピーターの幼馴染。キルスティン・ダンスト。

ハリー・オズボーン:ピーターの友達。ジェームス・フランコ。

メイ・パーカー:ピーターのおば。ローズマリー・ハリス。

オットー・オクタビアス/ドクター・オクトパス:物理学者。アルフレッド・モリーナ。


あらすじ


スパイダーマンとして人助けをしながら、大学生、バイトと忙しい生活を送るピーター。大学のレポート課題で物理学者のオクタビアス博士に会う。サム・ライミ監督が手掛ける3部作。


見どころ


敵も研究者の設定で、ピーターとの科学の議論をしているやり取りが、個人的にはおもしろかった。

前作同様、敵に連れ去られたメリー・ジェーンが、主役顔負けのアクションをするので、やっぱりメリー・ジェーンが一番すごいんじゃないかと思ってしまう。メイおばさんのすごさも際立つ。

最後にメリー・ジェーンがウェディングドレスを着たまま笑顔でピーターの元に走って向かう姿の笑顔がむちゃくちゃ印象に残る。


好きなシーン


メイおばさんがドクター・オクトパスに連れ去られた時に、ビルから落ちそうになるのを傘で引っかけてるシーンがよかった。お年寄りにこんなことさせるんかった感じ。さらにもう落ちそうってなった時の結末も印象に残ってる。

ブレーキが壊された列車を止めようと糸出しまくって、スパイダースーツが破けていくシーンの表現がおもしろい。その後に落ちそうになったのを乗客が受け止めて、ドクター・オクトパスが襲ってきたら、乗客がスパイダーマンを守ろうとしているのがかっこよかった。そーいうことできる勇気がある人間になりたい。


最後に


1作目は能力を得たことでヒーローに目覚め、本作はピーターとしての生活とヒーローとしての生活に葛藤する作品になっていた。何度見てもおもしろい。


関連記事


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。