映画「スパイダーマン」トビー・マグワイアのスパイダーマンの3部作のラストの3作目


1作目、2作目がむちゃくちゃおもしろかったので、3作目も公開された時に映画館に観に行った。サム・ライミ監督のスパイダーマン3部作の最後。

スポンサーリンク


スパイダーマン3 Spider-Man 3


2007年5月に公開された。


キャスト


ピーター・パーカー/スパイダーマン:遺伝子組み換えされたスパイダーに噛まれて能力を手に入れる。トビー・マグワイア。

メリー・ジェーン・ワトソン:ピーターの幼馴染。キルスティン・ダンスト。

ハリー・オズボーン/ニュー・ゴブリン:ピーターの友達。ジェームス・フランコ。

メイ・パーカー:ピーターのおば。ローズマリー・ハリス。

エディ・ブロック・Jr/ヴェノム:記者。宇宙の生命体シンビオートに取りつかれる。トファー・グレイス。

グウェン・ステイシー:ピーターと同じ大学の学生。ブライス・ダラス・ハワード。

フリント・マルコ/サンドマン:窃盗犯。トーマス・ヘイデン・チャーチ。


あらすじ


スパイダーマンの活動もプライベートでメリー・ジェーンとの交際も順調だったピーター。ニュー・ゴブリンが現れたり、警察からベンおじさんを殺した真犯人の存在を知る。サム・ライミ監督が手掛ける3部作。


見どころ


スパイダーマンとしてどんどん人気者になっていくピーターが調子乗ってしまって、プライベートでも気まずくなり、ベノムに支配されてダークサイドに落ちる過程が、人としてどう在るべきが考えさせられる。

ブラックなスパイダーマンとマルコが戦っている地下のシーンで、本当にニューヨークの地下はあんな感じなのか知りたい。

スパイダーマンの1作目以上に、メリー・ジェーンが敵に連れ去られた時のシーンが、運動神経良すぎやろって思えるシーンでおもしろかった。

1作目、2作目は敵が一人だったけど、3作目は複数の敵が出てきて飽きさせない設定になってる。1対1の対戦じゃなくて理不尽に1対複数なのが、現実でも何人も敵を一気に相手にしないといけない時があるってことを学べる。複数の敵ををどうやって攻略していくのか。

マルコがサンドマンになった映像とか、ベノムを体から引きはがすシーンが、当時の最先端の映像技術だと思う。1作目よりも映像のクオリティが上がっているので、連続して観ると、そういう映像の比較も楽しめる。


好きなシーン


ジェイムソンが薬を飲む時の秘書とのやり取りがむちゃくちゃ爆笑できる。超有能な秘書だと思う。

記憶を失ったハリーとメリー・ジェーンが公園で話している時の2人のやりとりがリアルな友達の感じで、いい雰囲気だった。

ニュー・ゴブリンにピーターが初めて攻撃された時の街中を飛び回る映像がむちゃくちゃ迫力ある。目が離せないけど、酔いそうになる。

連れ去られたメリー・ジェーンが、タクシーに閉じ込められて、かつ高層の不安定な場所で監禁とかかわいそうすぎる。なのに、スパイダーマンを助けたり、糸に飛び移ったり、アクションまでしてくれる感じが、最高過ぎる。

ベノムとサンドマン相手に絶体絶命な状況で、ハリーが助けに来た瞬間は思わずおーって声が出てします。スパイダーマンとニュー・ゴブリン対ベノムとサンドマンってコンビで戦うシーンがめちゃくちゃ盛り上がる。複数の敵と戦うシーンのCGがよくできてるなって感じ。

メリー・ジェーンとの関係は、2作目の終わりとは全く雰囲気が違ったけど、いい感じだった。


最後に


トビー・マグワイアのスパイダーマンシリーズを通して、スパイダーマンってヒーローを知った。さらに、ヒーローものをよく観に行くきっかけになった作品だったと思う。


関連記事


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。