Good Charlotte(グッド・シャーロット)最新作とリミックスバージョン


前回は6作品紹介したバンド。今回は、最新作とヒット曲のリミックスバージョンのアルバム2作品を紹介します。

スポンサーリンク


Good Charlotte


アメリカ・メリーランド州出身のバンド。

Joel Madden:ボーカル

Benji Maddenギター&ボーカル

Paul Thomas:ベース

Billy Martin:ギター、キーボード

Dean Butterworth:ドラム


Greatest Remixes(2008)


ヒット曲のリミックスバージョンのアルバム。ロックがEDMになってておもしろい。好きな曲は、

Los Angeles World Wide:聴いているだけで楽しくなれる。

The Young & The Hopeless:原曲と雰囲気が全然違う感じに仕上がってる。

I Just Wanna Live:原曲の感じから、さらにエレクトリック感がでてていい感じ。

Hold On:原曲よりさらに優しい感じの曲になっている。


Generation Rx(2018)


通算7枚目の最新のアルバム。好きな曲は、

Shadowboxer:間奏が好き。

Actual Pain:サビのサウンドが好き。

Cold Song:Good Charlotteらしさが出ているバラード曲。

California (The Way I Say I Love You):歌詞に励まされて元気が出る曲。


最後に


2000年代によく聴いていたロックバンドで、現在も定期的にアルバムをリリースしているバンドの一つ。

ゴリゴリのロックじゃななくて、ポップな感じもEDMっぽい感じもあって、いろいろなジャンルの曲にトライしている気がする。次はどんな感じのアルバムになるのかなって楽しみ。

双子のMdden兄弟の育ってきた環境にも共感できるところが多いので、当時の心の内面を歌っている曲はケッコー好きなのが多い。


関連記事


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。