映画「ソボク」余命が短い男とクローン人間の絆


パク・ボゴムとコン・ユが出ている映画を発見したので観てみた。

スポンサーリンク


ソボク SEOBOK


2021年7月に公開された。


キャスト


ギホン:元情報局のエージェント。不治の病にかかっている。コン・ユ。

ソボク:遺伝子操作で誕生したクローン。パク・ボゴム。

アン部長:ギホンの元上司。ソボクの輸送を依頼する。チョ・ウジン。

イム・セウン:ソボクを作った研究所の責任研究員。チャン・ヨンナム。

シン・ハクソン:研究所を運営するグループの代表理事。パク・ビョンウン。


あらすじ


元情報局エージェントのギホンは遺伝子操作で誕生したソボクの護衛する任務を受ける。


見どころ


映像の雰囲気がハリウッドの大作っぽい仕上がりになっている。

パク・ボゴムが幼い顔してるのに、声はクールな大人でギャップがある感じがいい。

無精ひげのコン・ユが、トッケビのコン・ユとは全然違ったイメージだった。

研究所になってる船からのソボクの現れ方が、神みたいな存在に見えた。

研究所の中にいる時の幼そうな素朴な表情と能力を使っている時の無表情なパク・ボゴムの演技がすごい。


好きなシーン


ソボクの輸送中に襲われて車が吹っ飛ぶシーンがとかがむちゃくちゃ迫力あった。ハリウッドっぽい迫力があった。

研究所でも波の映像の前で海だけを見て、逃亡の途中でも海の目の前で波を見てるソボクの姿が印象に残る。

ギホンの前で、波打ち際に手をかざして石を積み上げるシーンがむちゃくちゃ印象に残った。エンディングのシーンでも出てきたので、ソボクが戦闘で能力を使うのではなく、生産的な能力の使い方をしている気がした。


最後に


この映画の様なストーリーの韓国映画は初めて観た。映像のクオリティも高かった気がする。ストーリーもわかりやすかった。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。