Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)穏やかな歌声を聴かせるアーティストに成長


ティーンでデビューした時の初々しい感じの曲とは違って、最近のアルバムは大人の落ち着いた感じがあるアルバムな気がする。

スポンサーリンク


Justin Bieber


カナダ・オンタリオ州出身の歌手。


Change(2020)


4年ぶりのアルバム。赤色のアルバムジャケットがかっこいい。好きな曲は、

All Around Me:ちょっと哀し気なサウンドがかっこいい。夜明け前みたいなサウンドで、アルバムの最初の曲にふさわしい。

Habitual:イントロから聴き入ってしまう。

Intentions:Quavoとのフィーチャリング曲。聴いていると心地よい時間が流れる曲。

Yummy:サビの“Yummy”の繰り返しが好き。

Change:ギターのサウンドがかっこいい。

At Least For Now:希望に満ちたイメージを持てる曲。


Justice(2021)


前作からあまり時間を経ずにリリースされた。緑色のアルバムジャケットがかっこいい。好きな曲は、

2 Much:ピアノのシンプルな音とJustin Bieberの歌声がきれい。

As I Am:Khalidのフィーチャリング曲。サビが好き。

Holy:Chance The Rapperのフィーチャリング曲。穏やかな気持ちにさせてくれる曲。

Unstable:The Kid LAROIとのフィーチャリング曲。若手注目アーティストのThe Kid LAROIとこんな感じの曲になるんやって思った。

Hold On:アップテンポがいい感じ。

Peaches:Daniel CaesarとGiveonのフィーチャリング曲。とてつもなく心地よい曲。

Lonely:Benny Blancoのフィーチャリング曲。哀し気なサウンドとサビの“Lonely”の繰り返しが好き。


最後に


今回の2作は様々なアーティストがフィーチャリングし、他のアーティストの曲にも参加しているイメージがある。次にどんなアルバムをリリースするのかが楽しみ。

アルバムジャケットも、赤色、緑色って一色使いのデザインがかっこいい。


関連記事


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。