Hanson(ハンソン)初めて洋楽のアルバムを買ったのは3兄弟のバンド

Hanson(ハンソン)初めて洋楽のアルバムを買ったのは3兄弟のバンド


小学生の時にミュージックステーションを見ていた。

その日の出演者に海外のアーティストが出演していた。

歌ったのは、その時期に世界でチャート1位を取りまくっていた「MMM BOP」。

cegoh / Pixabay

スポンサーリンク

Hanson ハンソン


兄弟3人組のバンド

長男:アイザック ギター

fotoblend / Pixabay

次男:テイラー ピアノ

N0_TiTLE / Pixabay

三男:ザッカリー ドラム

Pexels / Pixabay

もちろん、曲もすごいキャッチ―でよかったけど、このバンドに一番興味を持った理由は、ザッカリーが自分と同い年で、長男5つ上、次男2つ上の、みんな自分と変わらない年齢だったってこと。

そんなに若いのに、自分たちで曲も作っていて、しかも世界中で売れているなんて・・・

ザッカリーもちっちゃい体でドラムをたたく姿に、月並みな言葉やけど“すごい”って思ったのを覚えてる。

Middle Of Nowhere (1997)


MMM BOPが収録されているアルバム。

これが初めて買った洋楽のCDアルバムとなった。

テイラーのハイトーンボイスが素晴らしい。この頃のテイラーは男の子ですが超がつくほど美人顔で、イケメン3兄弟ですね。

このアルバムの好きな曲は、

●Thinking of you:アルバムの1曲目。テンポがいい

●With you in your dream:don’t cry, with youてフレーズががサイコー

●Man from Milwaukee:ザッカリーがメインで歌ってる、子供の時にしか書けないような歌詞

This time around (2000)


この頃になると、テイラー、ザッカリーも声変わりしてきました。

ハイトーンボイスも魅力的でしたが、声変わりしても3人ともしっかりした歌声が魅力的なままです。

このアルバムの好きな曲は、

●If Only:テンポのいいはじまりから、サビのIf only~の3人のハーモニーがいい

●This time around:はじまりのピアノソロがいい

●Save me:はじまりのギターと歌声の伸び、サビのsave meが曲を盛り上げてくれる

Underneath (2004)


ハンソンの中で一番好きなアルバム

優しい感じの曲が増えた気がする。

Underneathが好きやけど、ピックアップできないほど、全曲をしっかり聴いてもらいたいアルバム

The Walk (2007)


このアルバムは、より一層、大人の曲に仕上がっている気がする。

このアルバムの好きな曲は、

●Georgia:こんな風に想われてみたい

●Go:ザッカリーがメインの曲。Goってフレーズの声がかすれている感じが好き。

彼らアルバムは彼らの成長の過程を表しているような作品となっています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です