静岡・熱海市「初島」はリゾート気分を味わえる関東の離島

静岡・熱海市「初島」はリゾート気分を味わえる関東の離島


合わない環境の空気にさらされて、だいぶ精神を削られていた。

そんな時、関東から日帰りで行ける離島があると聞いた。

関東から日帰りで行ける離島に、初島、伊豆大島、八丈島、式根島、新島などがある。

行ったことのある知り合いから、良かったです!と聞いていたので、「初島」に行くことにした。

メンバーはおなじみの関東圏に住む学生時代の友達と行った。

スポンサーリンク

初島


静岡県の熱海から高速船に乗って30分ほどのところにある離島。

今回は寝坊せずに起きれたが、電車を間違ったため、遅刻しそうだった。

しかし、乗り換えのホームで階段をダッシュで駆け上がり、何とかギリギリ間に合った。

小田急小田原線で小田原まで行き、JR東海道本線の熱海行き乗った。

2時間もかからなかったので、熱海までって意外に近いなって思った。

東京に近い埼玉からでも電車で2時間半ほどで来れたようだ。

友達は東京まで出てそこから熱海までリッチに新幹線に乗ってきたようです。

横浜、川崎からもJRを使って2時間ほどで熱海まで出てこれるようだ。

熱海駅には足湯があった。時間があれば入ってみたかった。

熱海駅からバスに乗り15分くらいで熱海港まで行った。

バスも1時間に3本くらいは出てるみたいだ。

熱海港から高速船に乗って30分ほどで初島に着いた。

高速船も1日9本ほど出ていた。

10時台の高速船に乗ったが、その日は海もそれほど荒れていなかった。

初島上陸


初島の周囲は4キロほどなので歩いて回れる距離だ。

高速船が着いてから、まずはアジアンガーデン「R-Asia」に向かった。

南の島のリゾートって感じの風景で、自由にハンモックで遊べた。

関東圏にこんな南の島を感じさせてくれる島・場所があるなんて思いもしなかった。

その後、アクティビティのある場所に向かった。

子供用のアスレチック「VOTAN」があったので入ってみた。

しかしながら、おじさんたちにとっては、それだけでだいぶ体力を削られた。

童心に返って遊べたので、それはそれで楽しめた。

その奥に、ハーネスを着用して高い木の上を渡っていく「SARUTOBI」があった。

初島に来る前から、やってみたいな~って思っていた。

でも下から見ていると、かなりきつそう

子供用のアスレチックで既に消耗していたおじさんたちは諦めざるを得なかった。

初島に在る灯台、初島灯台に登った。

灯台のレンズが多きく迫力があった。

灯台の上から、島が一周展望できてきれいだった。

晴れてたらもっと良かったが・・・

その後はぐるっと島を一周した。

散歩コースとしては最高だ。

午後になり


港近くに戻ってきて、昼ご飯を食べた。

もちろん海鮮丼だ。

数店舗並んでおり、すぐに食べたかったので、すいている店に入った。

それでも、やっぱり海鮮丼はおいしい。

なめろうが美味。

多分どこの店でも満足できただろう。

それから再び、ハンモックのあるアジアンガーデン「R-Asia」に戻った。

アイスコーヒー、タイとシンガポールのビールで小休憩。

リゾート地で休日を過ごせる体験をできるとは思ってもいなかった。

よけー、海外の南の島のリゾート島に行きたいと思わせてくれた。

帰り


港には、ただで貝殻を持って帰れたので、記念に一つもらいました。

帰りの高速船は込んでいたので座れなかったため、屋上に行った。

船のエンジン音が少しうるさかったが…

カモメが高速船に並走して飛んでいて、客が与える餌を飛びながらうまくゲットしていたので、さすがにカモメも慣れているなと。

犬も高速船に乗ることができ、猟犬みたいなでっかい犬(たぶんボルゾイ?)もおとなしく座っていた。

自分よりもでかいサイズの犬。

でもお行儀がよい。見習いたい。

関東には飼い犬が一緒に日帰りができる島が近くある。

関西圏の離島も探してみよう。

15時台に熱海港に戻ってきた後、熱海駅周辺を散策。

散策と言っても、商店街に行っただけだが。

餡子は少し苦手だが、せっかく来たので温泉まんじゅうを食べた。こしあん派です。

この後、夜ご飯は東京の北千住にある、「セブンルール」という番組で紹介された人の店に食べに行くのだが、それの紹介はまた別のタイミングで。。。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です