栃木・日光市で歴史のお勉強

栃木・日光で歴史のお勉強


関東にいた時に、学生の時の友達と関東にいる間に行っておきたい場所をコンプリートしたいという話をしていた。

そのうちの一つ、外国人観光客も多い日光。

いつもの関東圏在住の同級生と行った。

駅で集合し、車で向かった。

しかし、ここで再び、寝坊して30分の遅刻。

自分のクズさにあきれた。

Skitterphoto / Pixabay

関東からは高速を使うと2時間半ほどで着いた。

思いの外、道はすいていたので、そう時間はかからなかった。

10月下旬だったが、日光周辺の山は紅葉が始まっていた。

スポンサーリンク

戦場ヶ原


先ず、日光の少し先、群馬県方面にある戦場ヶ原に向かった。

中禅寺湖が広がっていて、その先に湿原が広がっている。

10月下旬だったので、緑はほとんど残っていなかったが、目の前に広がる湿原はきれいだった。

夏だっと、もっと違う景色も見えるだろう。

湿原の中にハイキングコースもあるようだ。

日光東照宮


日光東照宮の社殿群は平成11年12月に世界文化遺産に登録されている。

鳥居をくぐってすぐに五重塔が見えた。

五重塔はどこもきれいだ。

表門を入ってすぐにある神厩舎に三猿があり、多くの人盛りができていた。

階段を上る前から遠目に見える陽明門はきれいだったが、近くで見るとよりいっそう美しさが際立った。

奥の眠り猫が飾られている坂下門をくぐって、奥宮に登った。

かなりの階段を上ったので、上につく頃には息が上がっていた。

奥宮の周囲に、願い事をする場所があったので、せっかくなのでお願いごとをしてみた。

叶う日がくるのかな・・・

戻る時に見た杉の木が並んでいる景色がきれいだった。

世界遺産に登録されるだけあり、行った満足感があった。

また、日本人の観光客はもちろん、外国人観光客も多く、日本人より人数が多かったかもしれない。

さすが世界遺産。

今後は日本の世界遺産巡りもしてみたい。

ここで2017年の初めてのおみくじを引いた。

10月にして・・・

来た道を戻ると、鳥居の先に流鏑馬の準備で仕切りがしてあったが、ちょうど準備?練習?で馬に乗って歩いていた。

流鏑馬当日ではなかったが、貴重な流鏑馬の馬を見れた。

そして宇都宮へ


帰りは、せっかく栃木に来たので、宇都宮で餃子を食べて帰ることにした。

行った店は「宇都宮みんみん」。

昼を食べてなかったのもあるかもしれないが、ホント美味しかった。

10分もしないうちに全部食べ切った。

ちょっと歴史のお勉強になって楽しかった。

小さいころに行ってたとしても、行くのが楽しいだけで、きっとあまりその場所自体に興味を持たなかっただろう。

大人になると、ある程度知識を持っているので、楽しみ方が変わる。

大人になっての観光の楽しみ方も最近わかってきた。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です