海外ドラマ「フラッシュ」誰にも追い付けない超スピードのヒーロー

海外ドラマ「フラッシュ」誰にも追い付けない超スピードのヒーロー


ジャスティスリーグはアメリカのアニメでやっていたのを知っていたので、何人かのヒーローを知っていた。

そのうち、むっちゃ早く走れるヒーローの「フラッシュ」も知っていた。

存在を知っている程度だったが…

そのフラッシュのドラマを知ったのは、ニューヨークに観光に行く時の飛行機で観れた映像。

次何観ようか、画面をポチポチやってたら、発見した。

おー、フラッシュのドラマやってたんか、知らんかったわーってな感じで観てみたら、一話でフラッシュ誕生が描かれていて、おー、こんな感じやったんやってくらいの気持ちだった。

数カ月経ったくらいで、某レンタル店に行った時、海外ドラマのコーナーにフラッシュを発見した。

観たのを思い出し、続きを見始めた。

余談だが、飛行機の中では最新や人気の映画、ドラマ等が見れるので、長時間の飛行機移動は意外と退屈ではない。睡眠に充てなければ、時差ボケしてしまうが・・・

前置きが長くなってしまった。

スポンサーリンク

THE FLASH/フラッシュ


バリー:フラッシュ。警察の科学捜査官。

アイリス:バリーの幼馴染。記者。フラッシュの記事を書いている。

ウェルズ:STARラボの天才物理学者。バリーをサポート。

ケイトリン:STARラボの研究者。真面目な

シスコ:STARラボのエンジニア。メタヒューマンに名前をつける。

ジョー:アイリスの父親。刑事。バリーの育ての親。

エディ:ジョーの相棒。刑事。アイリスの恋人。

ヘンリー:バリーの父親。妻殺し罪をきせられ刑務所にいる。

FelixMittermeier / Pixabay

科学者、研究者が多く出てくるから、ちょっと親近感がわいた。

ラボの中で、実験したりしながらデータを蓄積したりするのは観てておもしろい。

また、フィールドに出てデータを取るのを楽しそうにしていた。

ラボ内でずっと実験しているより、フィールドに出ると楽しく寝るのは、現実でも同じ光景だった。

敵の特徴を踏まえ、対策し、協力して敵を倒すプロセスを、ちゃんと段階を踏みながら進んで行くストーリーがおもしろい。

自分の持ってる知識を生かして、誰かの役に立てる環境があるのはいいことだ。

人間らしい一面


バリーも感情的に突っ走るところもあるが、冷静に対応できない部分もある。

そこがヒーローよりも人間っぽい部分が出ているので、親近感がわく。

でも、周りの仲間のバリーを受け止め、しっかりサポートしてくれるので関係性が良い。

現実の世界だと、このストーリーの様に、自分の悪いとこを指摘してくれつつ、同じ目的のためにサポートし合って進んで行ける環境は、そうない。

真剣な仕事環境の中でもジョークが言える環境はいい。

アメリカのドラマはこういう場面がよくあるので、そういうのも海外ドラマが好きな理由の一つだ。

いろいろな時間軸が出てくる


ストーリーが進むにつて、時間軸が複数出てくるので、ちょっとややこしくなりそうになる。

時間軸を説明してくれる箇所がたびたびあるので、観ている側としては内容を理解しやすくなっているとは思う。

人間関係はそんなに複雑じゃないので、そこはわかりやすい。

geralt / Pixabay

現在はシーズン2まで見終わった。

「ARROW/アロー」とのクロスオーバーエピソードもある。

フラッシュを観て、アローも観てみたくなった。

シーズン2が気になる終わり方をしたので、シーズン3の展開が気になる。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です