映画「アナと雪の女王」姉妹の絆を教えてくれるディズニー映画

映画「アナと雪の女王」姉妹の絆を教えてくれるディズニー映画


これまで映画館で見るのは主にアクション系。

やっぱ、大画面で見る方が迫力があるからね。

しかし、めずらしくディズニー映画に興味を持った。

公開からすごい人気で、歌の歌詞も流行語になった。

Nordseher / Pixabay

スポンサーリンク

アナと雪の女王 Frozen


2014年3月に日本で公開された。

公開当時は見に行くことを全く予定しなかった。

が、公開してから瞬く間に話題となり、映画館に見に行ってみた。

実は、ディズニー映画って女の子が観に行くのやろ、ってちょっと甘く見ていた。

でも、楽しめた。

最初は人間関係をつかむのに時間はかかったが、ディズニー映画王道のお姫様と王子様の恋愛物語ではなかったが、その設定が新しくて面白かった。

兄弟姉妹がいれば誰でも経験したことがある喧嘩。

喧嘩した後に、どう仲直りするかは何処の家族も課題だ。

この映画は年齢関係なく楽しめて学びがある。

個人的には雪だるまのオラフのキャラが良かった。

あんな元気で、他人を思いやれて、他人のために行動できるのはみならいたい。

ムードメーカー的な存在が好き。

いつも行動が一生懸命なのがいい。

オラフみたいなキャラが近くにいると楽しい人生を過ごせそう。

perhelge74 / Pixabay

有名になった主題歌で、よく替え歌を歌っていたのを思い出す。

余談


アナの声がまさかの海外ドラマ「ヴェロニカ・マーズ」の主人公のクリステン・ベルってことに驚き。

映画は字幕で観たので、吹替の松たか子と神田沙也加を映画館では観ていないが、2人の歌唱力の高さに感銘を受けた。

この前、海外に行った飛行機の中で、久しぶりにこの映画を見た。

何度見ても、幸せになれそうな映画やなって思える映画。

2019年11月には続編が公開予定らしい。

楽しみだ。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です