Avril Lavigne(アヴリル・ラAvril Lavigne(アヴリル・ラヴィーン)人生で一番好きなアーティストでガールズロックと言えば


デビュー曲「Complicated」のミュージックビデオを観た瞬間に受けた衝撃は今でも忘れない。

スポンサーリンク


Avril Lavigne


カナダ・オンタリオ州出身の歌手。


Let Go (2002)


デビューアルバム。ティーンエージャーでこのアルバムの完成度としっかりした歌声がすごい。17歳でこの歌唱力とこの歌の内容。好きな曲は、

Losing Grip:アルバムの1曲目がキャッチ―な感じの曲じゃなくて、ロックテイストなのがいい。

Complicated:ギターのイントロが好き。歌詞も好き。ミュージックビデオのサビが楽しそうで好き。

Sk8er Boi:パンクっぽい。女の子が歌うこんな感じの曲を初めて聞いたから、ちょっとした衝撃を受けた。

I’m With You:イントロからアウトロの歌詞も好き。ミュージックビデオも歌詞と内容がバッチシで好き。


Under My Skin (2004)


セカンドアルバム。これまでのアルバムの中で一番好きなアルバム。全体的にダークな曲調で、になってるが、それがいい感じ。曲全体がハッピーな終わりじゃないから、個人的にはそういう歌詞にいるのが好き。好きな曲は、

Take Me Away:サビの“Take me away~”って叫びが好き。

Don’t Tell Me:歌詞も好きだが、曲の最後の一文が“I’m better off alone anyway”ってのがいい。

How Does It Feel:複雑な心情を表してくれる歌詞に共感できる。

My Happy Ending:ハッピーな感じに終わらない曲になっているのがおもしろい。

Nobody’s Home:自分の心情と共感できる歌詞。


The Best Damn Thing (2007)


サードアルバム。前作と全く変わって、全体的に明るい曲調が増えた。好きな曲は、

Girlfriend:今までの中で一番はっちゃけている曲。楽しんでい感じがする。

Contagious:疾走感溢れるテンポが好き。

Keep Holding On:映画のテーマ曲ってのもあったと思うけど、すごい壮大なイメージを持つ。

Alone:孤独な時に叫びながら聴きたくなる曲。


Goodbye Lullaby (2011)


4枚目のアルバム。静かな曲が増えた気がする。好きな曲は、

Black Star:きれいな曲調でアルバムの1曲目が始まる。

What The Hell:楽しんでる感じがすごい出てる曲。

Everybody Hurts:ギターとAvrilの歌声の相性の良さを感じれる曲。

Knockin’ On Heaven’s Door:ボブ・ディランのカバー曲。やっとアルバム収録してくれたかって感じ。ミュージックビデオは2003年に出ていた。


Avril Lavigne (2013)


自分の名前をアルバムタイトルにした5枚目のアルバム。好きな曲は、

Rock N Roll:「Let Go」と「Goodbye Lullaby」の曲調がミックスできているような感じの曲。

Here’s To Never Growing Up:ミュージックビデオでも「Let Go」を意識してるのかなって感じだったので、初心に返ってみたかったのかな。

Falling Fast:静かな感じの曲で、優しく歌っている感じが好き。


最後に


Avril Lavigneをきっかけにがっつり洋楽を聴き始めて、ミュージックビデオの素晴らしさにも気づけた。

この先も一生、Avril LavigneがMy No.1 アーティストであることは間違いない。これからも歌を聴き続けたい。


関連記事


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。