「最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常」No Art, No Life !な生活


一番の得意科目を一つ上げるとすれば?

この質問に、みんなはどう答えるだろうか。

私は迷わず、こう答える。「美術」と。しかし、私は理系だ。

スポンサーリンク


「最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常」


著者:二宮敦人

出版社:新潮社


概要


著者の嫁が東京藝大の学生。その不可思議な生態から、藝大生の生態にせまる本。


東京芸大の実態


芸術系の学科と音楽系の学科の違い。藝大生の生活。たくさんの学生のインタビューを通して、藝大生の生態を調査している。

藝大生のセンター試験の点数は意外と低いことに驚くいた。かなり実技が大きい割合を占めるということだろうか。それを高校生の時に知っていれば、私も藝大の受験にトライしていたかもしれない。もちろん、実技で受かるかはさておき。。。

東京藝術大学という名前だけあって、東京に在るので、関西にも東京芸術大学レベルの大学があったらなぁ…と勝手に思っている。


共通するトコ


読んでて一番思ったことは、藝大生の生態が、理系の大学院生と似ていたことだ。

学科によっては、作品制作のために寝泊まりするところは、実験で研究室に寝泊まりするのと共通する。

練習を一日何時間もするところは、朝から晩まで実験を日々実施するのと共通する。

曲の解釈のために作曲家や時代を調べるところは、多くの論文を読んで次の実験に取り組んだりするところが共通している。

また、それぞれの専門分野で高い能力を有するが、それ以外のことは無頓着である部分。

卒業後は行方不明者が多いところなんかは、博士号を取得した学生の末路と似ている気がする。

理系と芸術とは全く異なるように思えたが、その生態には多くの共通点があることが読んでいて面白かった。


人生に必要なことは


豊かな人生に必要なのは、金か名誉か。確かに金がなければ何もできない。でも、熱中できる何かがないと貧困な心で過ごすことになってしまうだろう。

周りになんて言われようとも、未来に堅実な人生が待っていなかったとしても、それでも私は自分が信じて熱中できる物事を続けれる人生を選択したい。

No Music, No Life!

No Art, No Life!

No Research, No Life!

そんな言葉を大切にして生きたいと思わせてくれる一冊。


関連書籍


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です