One Direction(ワン・ダイレクション)2010年代を代表するボーカルグループ

One Direction(ワン・ダイレクション)2010年代を代表するボーカルグループ


バックストリートボーイズ、インシンク、ブルー、バステッド。

これまで数多くのボーカルグループが生まれてきた。

2000年代以降、数多くのオーディション番組が生まれた。

そして、そのオーディション番組から生まれた2010年代を代表するボーイズグループ。

スポンサーリンク

One Direction


ナイル・ホーラン

リアム・ペイン

ハリー・スタイルズ

ルイ・トムリンソン

脱退:ゼイン・マリク

出す曲、出す曲、全てがヒット。

2010年代の代表曲といえば、絶対に欠かせないアーティスト。通称、1D。

Up All Night (2011)


衝撃のデビューアルバム。

好きな曲は、

●What Makes you Beautiful:この曲がリリースされた時は、聴こえてこない日がないくらい、ずっと流れていた。

●Gotta Be You:この曲を聴いたら、歌が上手いってのがわかる。見た目がイイだけじゃないんです。

Take Me Home (2012)


前作のヒットからすぐにまたアルバムを出した。

好きな曲は、

●Little Things:ギターの音だけで、全員の歌の上手さが引き立てられている。ミュージックビデオがスタジオライブっぽくてカッコイイ。

●Rock Me:ドラム音がRockさせてくれる。

●Over Again:バックの音がほとんどない優しいサウンドの曲は、みんなのうまい歌声が際立つ。

Midnight Memories (2013)


あんだけヒット曲を出した後に、またヒット曲を出せるのかって思ったアルバム。

好きな曲は、

●Best Song Ever:ボーカルグループっぽい曲もしっかりと歌いこなせてるのはさすがだと思う。

●Story Of My Life:CMでよく流れていた曲で、知らない人はいないんじゃないかと思う。“Story of my life”の歌詞はとっても印象に残る。

●You & I:優しいサウンドと力強い歌声がいい。

Four (2014)


全員の歌声がちょっと深みを増したかなって思ったアルバム。

好きな曲は、

●Steal My Girl:1Dっぽいサウンド。抑え気味のイントロから、サビまで一気に盛り上げてくれる。

●Ready To Run:サビのスピード感あるサウンドがいい。

●Fool’s Gold:各々のうまい歌声が際立っている曲は1Dっぽい。

ついに脱退者も出て、さらに現在は活動休止。

このまま終わってしまうのだろうか。

やっぱ、一気に、音楽活動で忙しくなり、休みもなく、歌い続け、パパラッチに追いかけられる様な生活に変わってしまうと、普通の生活がしたくなるよね。

複数人数いれば、いつか音楽の方向性も違ってくるかもしれないし。

う~ん・・・

息の長いアーティストになれるような活動を望む。

ゼインが脱退後のアルバムはまだ聴いていなかったって、今気付く。

関連記事


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です