映画「ミュージアム」カエルのかぶりものが恐怖でしかない

映画「ミュージアム」カエルのかぶりものが恐怖でしかない


何を観ようか探していて、普段はほとんど見ない日本映画コーナーに行って、手に取ってみた作品。

スポンサーリンク

ミュージアム


2016年11月に公開された。

連続殺人事件の犯人を追いかける。

沢村久志:警視庁捜査一課の刑事。小栗旬。

沢村遥:久志の妻。尾野真千子。

沢村将太:久志と遥の息子。五十嵐陽向。

西村純一:久志の後輩の刑事。野村周平。

カエル男:連続殺人事件の犯人。妻夫木聡。

カエル男の登場シーンが、怖すぎる。

夢に出てきそうなくらいの恐怖が残るかも。

小栗と妻夫木の演技がさすがだなった思った。

小栗の鬼気迫る演技と、妻夫木の狂気の演技が圧巻だ。

殺人事件の現場もかなりリアルな作り方をしていて、サスペンス感が増していた。

連続殺人犯のサイコパスが出てくる設定の日本映画はなかなかないからおもしろかった。

最後のシーンもちょっとサスペンス感ある終わり方だった。

映画のエンドロールに流れるONE OK ROCKの「Taking Off」が映画をさらに盛り上げてくれた気がする。

息を呑み込みながら観れた作品。

あまり普段は日本映画を観ない。

洋画・邦画含め、こういう系の映画を観たのは久しぶりだった気がする。

ストレートにおもしろかった。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です