Young Money(ヤング・マネー)才能に溢れまくってるヒップホップアーティスト集団

Young Money(ヤング・マネー)才能に溢れまくってるヒップホップアーティスト集団


アメリカのアーティストのいいところは、才能ある若手にもチャンスが転がっているということ。

それを提供・サポートしてくれるのが現役の売れっ子アーティスト。

そういうのって、ちゃんと音楽の未来を考えてて、若手の育成も力入れてるってことでしょ?

MarcionMedia / Pixabay

スポンサーリンク

Young Money


Lil Wayneを中心として、彼が選んだアーティストで結成された集団。

Lil WayneとMack Maineが作ったレーベルのアーティストで結成。

Lil Wayne:アメリカ・ルイジアナ州出身のラッパー。10代から活躍。

Mack Maine:アメリカ・ルイジアナ州出身のラッパー。Lil Wayneとは幼いころからの知り合い。

Drake:カナダ出身のラッパー。2010年にソロデビューして、今は知らない人はいない。

Nicki Minaj:アメリカ・ニューヨーク州出身のラッパー。Lil Wayneに見出された。今は今は知らない人はいない、女性ラッパー。

Tyga:アメリカ・カリフォルニア州出身のラッパー。Lil Wayneと出会って、彼のレーベルに移籍した。

Gadda Gadda:アメリカ・ルイジアナ州出身のラッパー。

Jae Millz:アメリカ・ニューヨーク州出身のラッパー。

Shanell:アメリカ・カリフォルニア州出身のシンガー。

Lil Chuckee:アメリカ・ルイジアナ州出身のラッパー。10代でLil Wayneのレーベルと契約。

Lil Twist:アメリカ・テキサス州出身のラッパー。10代でLil Wayneのレーベルと契約。

T-Streets:

現在人気が爆発した歌手が所属しているので、さすがLil Wayneが見出した才能やって思う。

We Are Young Money (2009)


Young Money名義のデビューアルバム。初々しさがある。

好きな曲は、

●EveryGirl In The World:ゆっくりしたテンポの優しい曲だが、意外にLil Wayneの声がマッチしている。

●Fuck The Bullshit:タイトルが禁止用語満載だ…それぞれが交代で歌っているが、みんなカッコイイ。

●Bedrock:Lloydとのフィーチャリング曲。Young Moneyを知った曲。みんなのカッコイイラップとLloydの高音の歌声がマッチしている。ミュージックビデオも、これぞセレブみたいな映像になっているのでゴージャス。

Rise Of An Empire (2014)


前作とはまた違った新しい一面を見せてくれている。有名になったアーティストもいるので、かなり成熟した曲になっている。

好きな曲は、

●Tropies:Drakeがメインの曲。歌声もかっこいいけど、この曲のサウンドが好き。

●One Time:YGとのフィーチャリング曲。Lil Twist、Tygaがメインの曲。Lil Wayneの歌声は、結構、ダークな曲調と合っている。

●Lookin Ass:Nicki Minajがメインの曲。Nicki Minajのラップがカッコイイって思う。

●Fresher Than Ever:FlowとBirdmanとのフィーチャリング曲。Gudda Gudda、Jae MIllz、Mack Maineがメインの曲。カッコイイ曲。

●Catch Me At The Light:Yo Gottiとのフィーチャリング曲。Shenellがメインの曲。Shenellの大人の色気がある歌声がカッコイイ。

今後もそれぞれのソロ活動も含めて、みんなの活躍している姿が見れるとおもしろい。

そろそろ10代で契約したメンバーたちがヒットするだろうか。。。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です