映画「夜のピクニック」ただ歩くだけじゃない室戸寒歩を思い出した

映画「夜のピクニック」ただ歩くだけじゃない室戸寒歩を思い出した


恩田陸の小説のうち、気になっていた作品。

映画化もされてる作品やしなー。

あっ、映画見てみよう。

スポンサーリンク

夜のピクニック


2006年9月に公開された。

全校生徒が80 km歩く伝統行事「歩行祭」のストーリー。

著者の母校の行事をモデルにし、原作は本屋大賞を受賞した。

甲田貴子:融とは異母兄妹。多部未華子。

西脇融:貴子とは異母兄妹。石田卓也。

戸田忍:融の親友。郭智博。

遊佐美和子:貴子の親友。西原亜希。

後藤梨香:貴子の親友。貫地谷しほり。

梶谷千秋:貴子の親友。松田まどか。

劇内で、貫地谷しほりが「ガラスの仮面」の一幕を演じてるシーンがあったが、実際に2014年に舞台で北島マヤ役やるってのがすごい。

歩きながら、様々な出来事を振り返り、景色観て感動したり、しんどくてもみんな解いたら頑張れたり、青春を思い出す。

Free-Photos / Pixabay

出発時は周りの住民が応援したり、途中に休憩地点が学校や施設とかあり、街の人が食事を提供してくれたり、交通整理したり、そういうのが街全体で盛り上げている感じがいい。

教員も一緒に歩いている描写があったので、リアルにこの高校の教員だったら、生徒の安全も考えて自分の歩かないといけないの、かなり体力いると思った。

BGMで洋楽が結構使われていたのが印象的だった。

当時10代の出演者も、現在は有名な俳優・女優で、若手登竜門的な映画やった気がする。

加藤諒、榎本祐、池松壮亮、加藤ローサもおった。

室戸寒歩


タイトルにあるように、「夜のピクニック」を観てたら室戸寒歩を思い出した。

室戸寒歩は、高知大学の何かの運動部活が主催で(確か)、高知大学から室戸岬まで100 km弱を歩く(もちろん走るもオッケー)行事。

朝9時(?)から、翌日の15時(?)までの間にゴールを目指す。

早い人で、現役高知大生の運動部の子が9時間程度で完走していた気がする。

途中、道の駅があり、そこが休憩地点となっている。

食事を食べれたりするので、歩かない人がサポートで食事を提供できる。

室戸岬まで完歩できたら、交通手段がほぼないに等しいので、だいたいは友達に車で迎えに来てもらう。

自分は参加してないが、友達のサポートで、豚汁持って行って、完歩した友達を迎えに行った。

最後に


こんな行事があったらおもしろいと思うが、実際、高校だと運営側が大変だと思う。

でも、良くも悪くも、生徒にとっては思い出になると思う。

現代の社会で開催するのは、ちょっと難しい気もするなぁ・・・

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です