ケツメイシは高学歴ヒップホップアーティスト

ケツメイシは高学歴ヒップホップアーティスト


2000年代の初めにブレイクしてから、現在も安定して活動しているグループ。

出てきた当初は、薬剤師の免許を持つメンバーがおるって話題になったなー。

スポンサーリンク

 

ケツメイシ


Ryo:ラッパー

Ryoji:ボーカル

大蔵:ラッパー

DJ KOHNO:DJ

 

デビューからメンバーが変わらずに活動している希少なグループ。

 

当時は有名な数曲以外そんなに聴いていなかったが、数年前に久しぶりに聞いたら、「むっちゃえーやん」って思った。

ケツメイシのメンバーが歌ってた当時と同じ年代になったから、歌詞とかが共感湧くんかなー。

自分も歳をとったことを認識し始めている。

 

ケツの嵐~春BEST~ (2011)


ケツノポリス7までの曲の中からメンバーがセレクトした曲を集めたベストアルバムの“春”に関する曲。

好きな曲は、

●さくら:ケツメイシの大ヒット曲。萩原聖人と鈴木えみのミュージックビデオも印象的だ。爽やかな春の歌。

●三十路ボンバイエ:30歳になったらしみじみ聴きたくなる曲。30代の気持ちをストレートに歌ってくれている。聴いていて楽しくなる。

●トモダチ:ケツメイシの大ヒット曲。むっちゃ気持ちが共感できる歌詞。全ての歌詞が好き。聴いていると泣きたくなるし、何回聴いても飽きない。

●仲間:この曲も全ての歌詞が好き。“別に起こってなんかないよ ただお前のあきらめた姿がキライなだけ”“つらい時はそっと後ろを見てごらん オレ達がうなずいてあげるから”って歌詞が特にいい。友達に送りたくなる曲。

ケツの嵐~秋BEST~ (2011)


ケツノポリス7までの曲の中からメンバーがセレクトした曲を集めたベストアルバムの“秋”に関する曲。

好きな曲は、

●そばにいて:ストレートに“ずっとそばにいて”って歌っているのが好き。ゆっくりとしたテンポが好き。

●東京:東京は華やかな都市やけど、一人でいる寂しさを歌ってくれている。

●手紙~未来:未来への不安と決意を歌っている。

●涙:“溢れた感情は単純にこぼれる涙止めずに泣いて枯れるまで 溢れた感情は単純に疲れた君をそっと包んで忘れるため”って歌詞が好き。優しい曲。泣いてる時に聴くと、優しくてよけいに涙が出てくる。

●街並:思い出を綺麗な歌詞で歌っている。

優しい歌詞の曲が多くて、1日の終わりに聴いたら、明日も頑張れそうって思える曲。

ケツメイシの曲は大人になってから聴くと、良さがじわっと沁みてくる。

 

最近の曲は殆ど聴けていないが、先ずは、夏と冬を制覇してから、最近の曲に着手したい。

 

関連記事


  • 好きな桜ソング ベスト5

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です