Hilary Duff(ヒラリー・ダフ)ディズニー・チャンネル出身のアーティスト

Hilary Duff(ヒラリー・ダフ)ディズニー・チャンネル出身のアーティスト


ディズニーチャンネルのドラマの主役をやって、同時にCDデビューしたアイドルは多い。

その中で、アイドルのままなのか、アーティストになるのか、はたまた、女優として活躍するのか。

スポンサーリンク

Hilary Duff


アメリカ・テキサス州出身の女優・歌手。

子役としても活躍し、歌手・女優としても躍進した。

Metamorphosis (2003)


デビューアルバム。ポップ歌手としてのスタート。すごい初々しさが出たアルバム。

好きな曲は、

●So Yesterday:Hilary Duffのかわいい歌声が初々しくていい。

●Sweet Sixteen:むっちゃ女子っぽい曲。アメリカでは女子が16歳になったらSweet Sixteenっていってみんなで祝うらしい。

●Why Not:テンポの速い、ポップロックな感じの曲。

●Girl Can Rock:タイトルが挑戦的でいい。かっこいい声で歌うのもいいが、タイトルとは違って、声がかわいいのもギャップがあっていい。

Hilary Duff (2004)


自分の名前をアルバムタイトルにしたセカンドアルバム。ちょっとロック寄りなアルバムになってて、ケッコー好きなアルバム。

好きな曲は、

●Fly:ダークな感じのロックでいい。”In a moment, everything can change~”のイントロで始まる歌詞とサビのFly~がサイコーだ。

●Underneath The Smile:哀し気な曲調が好き。

●The Getaway:イントロのギターが好き。フラストレーションをエネルギッシュに歌いあげる感じがいい。

●Our Lips Are Sealed:むっちゃポップで明るい曲。

The Girl Can Rock (2004)


MetamorphosisとHilary Duffのミックスアルバム。アップテンポの曲で楽しめる。

Most Wonted (2005)


新曲を追加したベストアルバム。

好きな曲は、

●Wake Up:Good CharlotteのボーカルJoel Maddenと付き合ってた時にJoelとBenjiがプロデュースした曲。ダンスミュージックで、歌詞の中にTokyoってある。

●Beat My Heart:アップテンポのダンスミュージック。

Dignity (2007)


エレクトロ調の曲が一気に増えて、これまでのティーンの感じとは違った大人になったなって感じのアルバム。

好きな曲は、

●Stranger:テンポがいいけど、ちょっとダークな感じもあり、ラテンな感じもあるいろんな要素が詰まった曲。

●With Love:大人のセクシーさが全面的にでてる曲。

●Between You And Me:初期のHilary Duffっぽさが感じれる楽しい曲。

Best Of Hilary Duff (2008)


新曲を含めたベストアルバム。

好きな曲は、

●Reach Out:Depeche Modeの「Personal Jesus」のサンプリング曲。一段とセクシーな感じのかっこいい曲。

●Holiday:これまでにはなかったシリアスな感じの曲。

最近は歌手・女優ともにほとんど活動していない(?)ので少し寂しく思う。

セレブママな感じの活動が多いのかな。

インスタやってるから、それで近況が確認できる。

2015年にレーベル会社を変えて「Breathe In. Breathe Out.」をリリースしているみたいなので、それをチェックしたい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です