映画「がじまる食堂の恋」沖縄の風景と空気が堪能できる

映画「がじまる食堂の恋」沖縄の風景と空気が堪能できる


ちょっと沖縄ネタが気になる最近、沖縄を舞台にした映画を発見したので観てみた。

スポンサーリンク

がじまる食堂の恋


2014年9月に公開された。

沖縄県名護市を舞台にした、男女4人のストーリー。

平良みずほ:がじまる食堂の店主。波留。

城島隼人:旅行者で食堂を手伝う。小柳友。

島袋翔太:みずほの元カレ。桜田通。

菅田莉子:翔太の絵のモデル。竹富聖花。

名護のきれいな風景が盛りだくさんなので、視覚的にも癒される映画。

劇中に出てくるでっかいガジュマルの木がすごすぎて一度見に行ってみたい。

前半はストーリーも沖縄の空気と同じくゆっくりと進むので、いまいち4人それぞれの関係性がよくわからなかった。

でも、後半になると、それぞれの関係が明らかになって、むっちゃびっくりした。

穏やかな気持ちで観れる映画で、最後もハッピーエンドで終わるので安心して観れた。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です